エクリプスクロス カーコーティング施工依頼〜EVANCE

"エクリプスクロス" カテゴリー記事
  

「クルマのワックス掛け」は90年代まで日曜日の駐車場などでよく見かけられた光景ですが、最近は予めボディーコートするクルマが増えたせいもあって洗車場でさえ拭き取り作業するヒトしか見なくなりました。我が家も「Vitz」「カングー」でEVANCEさんにお世話になってから20年以上ろくに「ワックス掛け」というものをしたことがありません。

20年以上前は「カーコート専門店」というのもポツポツくらいしか無かったモンですが、最近はさいたま市内の近所にもたくさんあります。今回は近所でやってみようかと「XXの研き屋」と称するお店に見積もり依頼に出掛けてみました。かなり強気の値段設定で他店より3割高…なんですが…「まず説明を聞いてください」と始まりましたら眠たいいい加減な説明が延々と続き…やはりEVANCEさんにお任せしようになりました。

下層:TC-6341 高皮膜硬化型ガラスコーティング
上層:TC-6349 ダイヤモンド粒子分散配合ガラスコーティング

EVANCEさんでは「株式会社クリスタルプロセス」のガラスコーティング剤を使用しているとのこと。TC-6341は「ハイテクX1ボディーコート剤-8500」TC-6349は「ハイテクX1ダイヤモンドコート」での施工になります。

 

基本的には業務用プロ御用達のコーティング剤ですが、amazonでも買えます。

レビューには素人DIY施工でも大丈夫な書き込みが見られますが…アルコール溶媒で塗布ムラが出やすく硬化が比較的早いので実際には扱いづらいシロモノ…なにより塗装面が完璧に清掃されていないと硬化後はやり直しが効きません。ホコリが舞わない密閉空間で施工するのが前提になるので一般家屋の駐車スペースでDIYするには無理があります。

ただ10年落ちの車に多少ホコリを巻き込んでも喝を入れるカンフル剤、と割り切れるヒトにはコスパがいい商品ということになるのかもしれませんが、それだけでは極上の仕上がりは期待できません。カーコーティングのプロのお店に依頼するというのは、トータルでちゃんと手間惜しまず施工されているかというトコロに価値があるワケです。

今回のカーコーティングも、まず微に入り細に入りの清掃、鉄粉除去、ワックス除去のうえ塗装面ポリッシュ鏡面仕上げから、Wガラスコートとヒーティング仕上げになりました。
クルマ引取時はあいにくの雨だったので…念の為、雨染み防止コートも施工されておりました。その他、アルミホイール、プラスチック部分、フロントガラスの撥水加工もそれぞれ専用コート剤での施工をおこなっていただきました。

5年に一度のお付き合いで20年になります。

 

コメントを残す