mac mini 10年以上根本対策されない不安定過ぎるワイヤレス問題〜暴れだすマウスカーソルやキーボード達

"mac mini" カテゴリー記事
  

昔からあったmac miniのBluetooth/ワイヤレス周辺機材の接続が切れる、カーソルが暴走する等、不安定過ぎるワイヤレス問題は、最新のM1 mac miniでも解消されておらず、ほぼ同一筐体のmac miniで起きる持病のようなモンになっています。

アップルでも対応してるフリだけはしてますが、大抵の場合何の役にも立ちません。


原因は「mac miniのBluetoothワイヤレスモジュールのシールド設計の甘さ」と言わざるを得ませんが、USB3.0デバイスからの信号がBluetoothの2.4GHz周波数に干渉する、もしくはUSB接続コネクタ周辺からのノイズをモジュールが拾ってしまい、結果的にワイヤレス機器が正常動作しなくなる等が指摘されています。ただし我が家の2011 mac mini(USB2.0コネクタ)を互換性のあるUSB3.0デバイスと接続した環境でも同様な事象が発生するので、ほぼ同一筐体に同様なモジュールを載せた2010 mac mini以降の全モデルで発生する問題だと思われます。


mac miniのBluetoothワイヤレスモジュール

10年前、この干渉から保護するための mac miniのBluetoothモジュール用にシールドキット(OWC Bluetooth module shielding kit)が販売されたり、ジブンもモジュールにアルミテープを巻いて簡易シールドを試したりしましたが根本的な解決には至りません。この問題はそれほど単純なものではなくてmac miniにインストールされるソフトウェアのオプションタスクや 接続するワイヤレス機器等の経年劣化も暴走に一役かっていたりするため根深く質の悪い問題となっています。

問題への対処法

他のMacintoshでもこの問題はあるようですが、mac miniほど頻繁でないのには筐体の大きさやBluetoothアンテナの配置、USBコネクタの配置等の違いが考えられます、とにかく恒久的な解決法は無く、一時的な問題対処としては以下のようなモノです。

PRAMリセット & SMCリセット
単純に再起動しただけで問題解消することは稀です。
【PRAMリセット】


【SMCリセット】
 -我が家では下記手順にてSMCリセットします-

  1. Mac をシステム終了し、電源コード及びUSB等コネクタ接続されたケーブルを全て外します。
  2. 30 秒以上 待ってから、電源コード及びケーブル類を接続し直します。
  3. 10秒以上 待ってから、電源ボタンを押して Mac の電源を入れます。

破損の可能性のあるBluetooth関連ファイルの削除

  1. Finderからメニューバー[移動]をクリック、[フォルダへ移動…]をクリックします。

  2. 「/ライブラリ/Preferences/」と入力、[移動]ボタンをクリック。

  3. ウィンドウが開いたら com.apple.Bluetooth.plistファイルを探し、右クリックで[ゴミ箱に入れる]を選択。

  4. Finderでoptionキーを押しながらメニューバー[移動]メニューを開き、ライブラリを選択して移動。

  5. Preferences/ByHostディレクトリを開く。

  6. ウィンドウを開いたら com.apple.Bluetooth.xxxxxxxxxxxxxxxxxxfileを探し、右クリックで[ゴミ箱に入れる]を選択。
    このファイルはcom.apple.Bluetoothで始まり、その後に各ユーザーで異なるランダムな数字と文字の組み合わせになっています。

  7. Macを再起動します。

Bluetoothモジュールのリセット

  1. [Shift]と[Option]キーを同時に押しながら、メニューバーにある[Bluetooth]アイコンをクリック。※※
  2. [デバッグ]>[すべてのデバイスを削除]をクリック。
  3. メニューバーにある[Bluetooth]メニューをクリック。
  4. [デバッグ][Bluetoothモジュールをリセット]を選択。
  5. Macを再起動します。
  6. Bluetoothアクセサリを接続し直すと使えるようになります。

※※[システム環境設定]>[Bluetooth]で「メニューバーにBluetoothを表示」をチェックするとメニューバーにある[Bluetooth]アイコンが表示されます。

 

ユーザー各個のMac設置環境によっても問題を誘発する場合があります。

電磁ノイズ発生源を遠ざける
mac miniやUSB接続した周辺機器の近くに下記の機材を配置しない
・充電機器、特にiPhone等のワイヤレス充電機器
・電子レンジ

接続ケーブルのコネクタ接続状況、ケーブル品質のチェック
USBだけでなく電源以下の各ポートの接続状況、経年劣化により電気的なノイズを発生させる場合があります。ヘッドフォン端子の接続不良でこの問題にぶち当たったこともあります。USBケーブル自体の品質を見直す必要もあるかも…

 

その他、WEBブラウザやメーラー、クラウド、SNS等、ネットワーク関連の機能拡張書類は問題発生のトリガーになりやすかったり、問題の程度を助長したりしますが、それらをむやみに削除してしまうことは出来ませんから。ユーザー各自のMac環境で問題を誘発しているアプリを見つけるしかありません。

我が家では、旧バージョンのGoogle日本語のオプション設定が問題誘発のトリガーになっていたり、なにかとGoogle関連アプリとは相性が悪く、先月切り替わったGoogleドライブアプリ自体が問題を増幅するトリガーになっていたのでGoogleドライブアプリはアンインストールしました。

ワイヤレス問題が起きたときの基本的な対策として、USB接続の有線キーボード、有線マウスは手元に準備しておくことが必要です。ちなみに2.4GHz帯を使うwi-fi接続機器でもこの問題の影響を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。