オミクロン株による第六波〜山火事理論では2月中旬ピークアウト予測なのだが…

"最近の出来事" カテゴリー記事


山火事理論でオミクロンの今後を予測する」記事より転載

2022元旦「世界の多くは(新型コロナは)今年夏までに終息」と予言する慶應大学 吉村研究室。オミクロン株による第六波に関しては、いわゆる「山火事理論」にて早く(2021.12.21)から 「ピークアウトは2月中旬、1日最大7千人の陽性者ピーク」との予測を打ち出しておりましたが、本日(2022.1.7)全国で 6214人の感染が発表されピークアウト時期は別として予測以上に桁違いな感染者数になるのは間違いないです。

※山火事理論:ウイルス感染に「極めて掛かりやすいヒト」「掛かりやすいヒト」「掛かりにくいヒト」「極めて掛かりにくいヒト」がいるコトを前提にすると、ウイルスの性質によってもしくは感染の状況によって「掛かり尽くす」時期や程度は予測できる、という考え方による…と解釈しております。

ただオミクロン株が出現した南アフリカの感染急上昇に加えて、不可解な急激収束の状況を見るにつけそれがオミクロン株の性質なのか、日本でも感染の急拡大に比べてピークアウトは山火事予測よりもっと早くて1月下旬にも収束方向やもしれません。

南アフリカでは感染発生からピークに達するまで3週間でした

日本での2022.1.5 オミクロン感染拡大起算とすると、3週間後、2022.1.26前後に感染ピークがやってきた後、急速に収束するやも…

無症状・軽度という症例がほとんどの中、感染拡大に大慌てで「マンボウ」出したり、紋切りに隔離・休職を余儀なくされるコトによる経済的ダメージの方が心配….という考え方もあります。

 

2022.1.18追記 南アフリカ感染状況

https://www.worldometers.info/coronavirus/country/south-africa/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。