XR SPIRIT〜XRに拘る意地の代名詞〜見果てぬ大地の遥かを目指す心意気

現在はXR200Rにまたがることもはばかれる状況の我が家ですが、夏までには再びまたがって旅に出掛けたいと思ったこの正月です。Vital Spiritsさんの “XR SPIRIT”ページに掲載されている物語は、80年代初頭に訪れたオフロードブームの火付け役になった70年代終わりのお話です。ジブンには懐かしむ以外の読み方は出来ませんが、HONDA XRに興味を持たれた方は是非ご一読をオススメします。 続きを読む

インド製HONDA NAVI110、今年も販売絶好調らしい

昨年初めて店先で見かけたときは、エンジン降ろしてんだろうくらいに思っていたら「いやこのまんまです。エンジンはもっと後ろ」と聞いてちょっと呆れたというか、何事か?と頭をひねった スクーターベースのインド製HONDA NAVI110、これが今年も売れてるそうだ。値段を聞くと意外でもなんでもない。圧倒的に安いのだ。

続きを読む

牧歌的にオフロードを楽しめた1980年代〜HONDA XR プロモーションビデオ

70年代中盤から80年代に掛けて、国道でさえまだ林道が残っており、オイルショック以後の不況で山林観光コースが朽ち果てていた時代、ジブンはそんな道を選んでは峠から峠をトレースしながらオフロードバイクで長距離を旅しておりました。

このビデオ映像はそんな牧歌的な雰囲気いっぱいです。 続きを読む

今更な常識〜バイク用 LED / HIDバルブの規格〜原付やオフロード旧車だって問題ない

1974年型HONDA ELSINORE MT125という新車時から不具合が多発したホンダ初の2サイクルオフロード車にめげずに乗り続ける友人から相談の電話「ハロゲンバルブにしたいけどバルブの取付形状が合わない…」よくよく聞くとH4バルブをムリムリ改造して入れる気だったと言います。

続きを読む

オヤジしかバイクに乗れない〜高校生が乗るには窮屈で難しい社会なのか〜

「二輪ユーザー 平均年齢は52歳!〜”バイク小僧”なんてどこにもいなくなった 」の続編です。これだけバイクが減ったのは、ゲームにスマホにパソコン、高校生が夢中になれるアイテムに溢れた世の中では、バイクに乗って出掛ける時間さえ惜しいに違いない… とか勝手に想像しておりましたが、社会的にも経済的にも「買えません」な状況なんだとか。

続きを読む

YAMAHA SDR200 〜良好オリジナルコンディション車が格安です〜ヤフオク情報

そろそろ発売から20年を迎えようとしている古の2サイクルランナー YAMAHA SDR200 の良好オリジナルコンディション車が格安です。不具合発生時はコスゲさんのPaint & Custom “airplants”に駆け込んでください。コスゲさんの愛車でもあるSDR200への入れ込み具合を見れば必ずやなんとかしてくれること請け合いです。

続きを読む

最悪な通勤バイク〜ババ抜き開催中〜いつまでも大丈夫なわけないです

つれあいは右手中指の腱断裂でクルマの運転が出来ないので、ここしばらくはジブンが会社の送り迎えをしておりました。久しぶりの通勤時間帯でのクルマの運転、相変わらず酷い運転マナーのクルマが多いです。通勤スクーター&バイクに至ってはまともに走行しているヒトの方が圧倒的に少ないですねー、ピンヒールで運転するアメリカンなお姉さんもみかけました。

続きを読む

ヤマハ IT175 1979製〜ビンテージなエンデューロモデル〜ヤフオク情報

ヤオフクに状態良好なヤマハIT175が出品中です。

もはやオリジナルの小物類までぶら下げたタマを見つけるのは不可能に近いです。オリジナルプラスチック外装は入手不可能だし経年劣化でパリパリに白化していてあたりまえのところですがこの車体のはけっこうに美しいし、なにより”新品タンク”が装着されています。

続きを読む

暇つぶしに技術論文を読もう〜本田技術研究所論文サイトの活用〜そう言えば6サイクルエンジンはどうなった?

エンジニアリング臭い解説が長々続く「RACERS」を愛読できるくらいのヒトに超オススメなのが、本田技術研究所論文サイト。技術論文が電子書籍化されており会員登録すれば無料で本田技術研究所の公開技術論文が楽しめます。

続きを読む

RACERS vol.21 NSR250〜80年代後半、シンクロするようにジブンの開発エンジニア時代の想いが蘇ります

RACERS vol.21 は80年代中〜後半にHONDA(HRC)が投入したGPレーサーNSR250 の開発にまつわるお話です。

この雑誌が他のバイク誌で特集されるファクトリーレーサー物と違うのは、単なるバイク好きには難解なくらい妙にエンジニアリング臭い解説が長々続くトコロで、今回のRCバルブやフレーム開発のくだりがまさにそんな感じです。(ソコが気に入ってるのですが)

続きを読む

トライアル日本GP観戦、藤波、劇的最終セクション逆転V〜第11セクション:ヒルクライムの登り切りに執念を見た!

ツインリンクもてぎ(栃木)にて開催されたトライアル世界選手権シリーズ 日本グランプリの観戦に行ってきました。

藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)が2005年以来8年ぶりとなる母国優勝を大逆転で飾りました。

続きを読む