楽天モバイルで iPhone 6sを使ってみる〜Rakuten mini(eSIM)からnanoSIM再発行〜

"iOS" カテゴリー記事
  

我が家には 昨年1円購入/1年ゼロ円のRakuten mini が2台あるので、MacBook「テザリング専用」に1台残して、もう1台分のeSIMをnanoSIMに交換(再発行)してもらい、家に取り置きのiPhone6sで試してみることにしました。

楽天モバイルは、SIM再発行がゼロ円

Rakuten mini の eSIMから SIM再発行手続きで iPhone6sで使える nano SIMを申請、再発行には送料含めてゼロ円というのは太っ腹と言うしかありません。

「SIM再発行」手続きをググってやると手続き簡単そうでしたが…Rakuten mini(スマホ)側の”My楽天モバイル”アプリでは説明画面にあるメニューが見つからず、よくよく探し回ったあげくPCブラウザの”My楽天モバイル”にログイン、して申請できました。右上メニューから「my 楽天モバイル」>「契約プラン」ページに移動して「各種手続き」をクリックすると「SIM交換」申請画面が出てきます。

ちなみに申請中は Rakuten miniのeSIMは生きてるので、nanoSIM到着後にiPhone6sでセットアップするまでは使えます。

3日後…nanoSIM 到着

iPhoneの楽天回線セットアップ

楽天モバイルの「お手持ちのiPhone・iPadで楽天回線を使用するための初期設定方法」を参照しながらセットアップを進めます。概略手順としては…
1.OSをアップデート
2.MNP転入/プラン変更(移行)手続き
3.既存のAPN構成プロファイルを削除
4.nanoSIMを挿しかえる
5.キャリア設定をアップデートする
6. 楽天回線の開通を確認する

仕舞い込んであった iPhone 6sをバッテリー充電して4年ぶりに起動、wi-fi経由で最新OS(14.5)にアップデート、併せてAPP関係もアップデート。今回はプラン変更ではなくSIM再発行なので項目2をスキップ(※)
昔利用していたLIBMOのAPN構成ファイルを削除(設定>一般>プロファイル)
一旦電源を切ってから…

楽天モバイルのnanoSIMに差し替え

キャリア設定アップデートがポップアップするので「アップデート」選択
設定のキャリア情報が Rakutenに書き換えられました。

最後に「楽天回線の開通を確認する」で終了…なハズなのだが、画面上にアンテナマークは現れず「圏外」そう言えば楽天モバイルのiPhoneで「圏外」になる事例多発というNewsあったなぁ…OSアップデート(14.5)で「圏外」になるとも言ってたなぁ…失敗かなぁ、とうなだれそうだったのですが….

SIM再発行時も開通手続きが必要

Rakten mini(eSIM)の画面を見るとアンテナマークがまだ生きてる…nanoSIMに切り替わっていない…iPhone 6s側のキャリア設定アップデートは完了しているのに何故?

「2.MNP転入/プラン変更(移行)手続き」は不要だろうとスキップしてましたが、実際にはSIM交換後の開通手続きが必要でした。

my楽天モバイルのページで申し込み回線の開通手続きを行うと無事開通、Rakuten mini(eSIM)側が不通となりました。

Rakuten Link通話も問題なく機能しています。

位置情報、APPアップデート含めて極力モバイル通信しない設定で運用すると、セカンドスマホとしてはモバイル通信量1GB未満(ゼロ円)で済ませられると踏んでます。
半年くらい試験運用で大丈夫ならメイン(iPhone 8)スマホもMNPしてもいいかも…

 

通信速度比較  iPhone 8(日本通信/docomo) vs  6s(楽天モバイル)

さいたま市大宮の宅内でSpeed Test APPを使ってメインスマホ iPhone 8(日本通信/docomo) と楽天モバイルSIMをを挿したiPhone 6sでの通信速度を比較してみました。

iPhone 8(日本通信/docomo/ iOS14.2)

iPhone 6s(楽天モバイル /iOS14.5.1)

う〜ん 数回測定してバラツキはあるものの、楽天モバイルの旧機種の方が2倍くらい速い!
普段使っているアプリの応答で言えばほとんど差は感じられないか、レスポンス自体は新しいiPhone 8の方が良いように思えるのだが… 基本的には気にする類の問題とは考えていません。場所が変わればまた結果も変わるでしょうから…

ちなみにwi-fi接続のときの速度は 新しいiPhone 8の方が3割程速い。この辺はリリース年度が新しい機種の方が宅内のwi-fiをよく捕まえるようで、wi-fi設定の段階でレスポンスが違います。

いずれにしてもいまのところ楽天モバイルSIMに問題はありません。

iPhone6s、5年以上前のモデルでも結構イケマス

2015年発売のiPhone6sでも最新iOSのサポートが受けられるので、楽天モバイルで使えるワケですが、以前だったら5年以上前のスマホなんてハードスペックに差があり過ぎてレスポンス悪過ぎ、アプリ不具合発生で使い物になりませんでした。ところが今回試験的に1週間ほど使った限りで不具合、不便はほとんど感じません。仕舞い込む直前にバッテリー交換してあったので充電にも不具合ないながら、ワイヤレス充電に対応してないのが不便…
LINE、Paypay等バーコード決済も使えるし、カメラは、妙に明る過ぎず鮮やか過ぎずない旧世代リアル画質で見たまんまを再現… 唯一劣るのは(機種依存の)通話品質くらい。

 

据え置き固定電話は楽天モバイル

050(IP)電話が登場した頃から自宅や事務所でインターネット回線が敷かれたトコロでは、従来のNTT地域固定電話番号から維持費が格安なIP電話への置き換えが進んでいましたが、IP電話番号がプロバイダと紐付けされているのが厄介(プロバイダを変更しにくくなる)だったり、旧来のFAXが使える必要があったり、そしてやはり昔ながらの古い電話番号(我が家は25年くらい)を生かしておきたいのもあって固定電話番号には手を着けていなかったのですが…

25年も経つと固定電話番号が鳴ることも少ない、もしくは新規に連絡をいただくヒトばかりだし、FAXが必要な取引先も無くなり、固定電話の必要性にも疑問符が点灯しており維持費を割くのも馬鹿らしい…

楽天モバイルの電話番号であれば基本的に維持費ゼロ円、宅内wi-fiでの利用前提なら相手先からの受信通話ゼロ円、発信通話もRakuten Linkでゼロ円で済みます。
昔々のNexus 5を固定電話機代わりにしようか鋭意検討中です。

SIMフリー固定電話機

上記のSIMフリー固定電話機が楽天モバイルでも使えるらしい。待受のみと割り切れば完全ゼロ円運用できます。
さらに Rakuten Linkが使えると理想的なのですが…
楽天でRakuten Link対応版製品とか作るといったい何台売れるやら…です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。