ジブンで出来るiPhoneのバッテリー交換ガイド

"iPhone" カテゴリー記事
  

消耗品と割り切られて作られているiPhoneですから、2年経過時点でバッテリー容量が80%を切るくらいに消耗していることも珍しくありません。一日に数回充電を繰り返すジブンの知り合いのiPhone7ではバッテリー消耗が20%を越えたあたりからiPhone7がフリーズしたり、アプリ動作にバグが発生したりしてiOSのクリーンナップ・リセットでも改善されず「とにかくバッテリー交換してみよう」でやっと復調しました。

バッテリーの消耗具合を知るには

iPhoneのバッテリーの消耗具合・健康状態を知る方法としては

  • 公式アプリ「Appleサポート」を使う
    [appbox appstore 1130498044]「バッテリー、電源および充電」のメニューがトップにあるくらいですからアップルも重点サポート項目です。iPhoneの動作への影響も検証してくれます。
     
  • バッテリー診断アプリを使う
    [appbox appstore 1080930585 ]ズバリ!バッテリーの健康状態を表示してくれます。詳細表示では現在のバッテリー残量と消耗具合、電圧を表示します。(以前は充電回数の履歴もありましたが、アップルからクレームが入ったのか現在は無しです)

    [appbox appstore 1130216129] [appbox appstore 578400895]さすがに有料版だけあってバッテリーに関する情報が豊富ですが、バージョンアップで放電サイクル(充電回数の履歴)は無くなりました…

<追記>最近バッテリー関連のアプリが抹消されたり「充電回数履歴」「バッテリー消耗度」等の情報を出せなくなっているようです。アップルの情報隠蔽なのか…

バッテリー容量が減る(消耗する)のは実のところ単純ではなくて、バッテリー自体に異常が発生している場合もあります。結果、電圧電流が不安定になってiPhoneの動作自体に影響したりしますから、アップルの修理交換基準も昔のように「容量50%以下に低下したら」とか一様な判断は設けなくなりました。

「iPhoneの調子が悪い」と感じたらバッテリーの健康状態も気にしてみてください。

バッテリー交換の方法と相場

原則アップルの保証期間内で保証継続を望むのであればAppleStoreまたは正規プロバイダ店での交換修理しかありません。とにかく早く、とにかく安くを優先すれば下記の選択肢があります。

選択肢 相場価格 メモ
AppleStore 全機種共通で9,400円(税別) 高価、予約が面倒で遠方の場合も
iPhone修理店
SMAPPLE 大宮
iPhone7plus:7,800円(税別)
iPhone7:6,800円(税別)
iPhone6s plus:7,300円(税別)
iPhone6s:6,800円(税別)
iPhone6plus:6,800円(税別)
iPhone6:5,600円(税別)
iPhone5s:5,980円(税別)
iPhone5:5,980円(税別)
近隣にあって作業時間30分
旧機種になっても相場価格は大きくは違わない場合が多い
自前交換
自分で修理.com
iPhone6s:5,980円(税別)
iPhone6:3,980円(税別)
iPhone5s:2,980円(税別)
iPhone5:2,980円(税別)

旧機種であれば超格安
修理キット付属で作業難易度は思ったほど高くない。

 

さらにamazon等の通販サイト経由で自前交換キットを調達するとさらに激安です。日々iPhoneを激務に晒しているユーザーならば、自前交換も手習いのひとつに加えておいていいのやもしれません。

DIGIFORCE
iPhone交換用PSEバッテリー 工具付

iPhone機種別の交換作業ガイド・対応バッテリーは下図のとおり

対応機種 修理キット付きバッテリー バッテリーのみ

iPhone
6s plus

交換作業

6s

交換作業

SE

交換作業

6 plus

交換作業

6

交換作業

5s

交換作業

5

交換作業

5c

交換作業

4s

交換作業

4

交換作業

 

交換時に便利なツール

 

 

コメントを残す