予算3万円でMacBookに最新macOS積んでビュンビュン走らせる〜貧乏学生の新入学プラン

"13MacBook" カテゴリー記事
  

昔の同僚の息子が都内の大学に今年の春から通うようになりました。
入学祝いがiPhone Xというトコロが現代っ子ながら、アパートに持ち込んだパソコンセットは父さん→長女→息子と引き継がれるmac mini mid2007 というロートル品。

「ときどき調子が悪い」と嘆く中身は昔ながらのオリジナルのままですから、HDDからの立ち上がりにも2分以上掛かるし、メモリー2GBでは大きなファイルを開くのにも果てしなく時間が掛かり、OSX10.5 Leopardのままなので最新のアプリは使えず、本体ではもはやディスクが詰まったりするらしい。

mac mini mid2007

 「SSDとかに代えると速くなるって言いますよね?」
なんとかコレを使おうという気なのだが、とっくにメーカーサポートが終了している機体で、最新OSどころかOSX10.7までしかアップデートできないなだけに「オススメしない」
 「やっぱり新しいmac miniに買い換えかなぁ…」
なんだ買い替え予算があるならそうすることを勧めるぞ。予算は?
 「3万円…」
残念ながらそれではまともなmac minは買えません。

予算3万円で 最新OS搭載のMacBook

挫折しかかったトコロで提案、ヤフオク落札相場を眺めていると中古13’MacBookの2009、2010モデルが2万円前後で買えてしまうらしい。
250GBのSSDに換装しても予算3万円以内で調達できる可能性が高い。

どうせなら中古MacBook Proという気にもなりますが、同年代の機体はスペック的に大して変わらないのに4万円前後もします。

個人的には数年前まで2007年モデルのユーザーだっただけに質実剛健にポリカーボネート製ボディーの13’MacBookの頑丈さは太鼓判、経年変形しやすかったMacBook Proより信頼性は高いです。

MacBook (13-inch, Mid 2010) – 技術仕様 – Apple Support

MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) – 技術仕様 – Apple Support


2010 13’MacBook

ヤフオク MacBook Late2009 

ヤフオク MacBook Mid2010 

 関連記事「13’MacBook 〜ヤフオク中古購入ガイド

かくしてMacBook Mid2010 4GB/250GB HDDを送料込み19,300円で落札できました。

ヤフオク購入記

中古購入のMid2010 13’MacBook、液晶パネルとバッテリーの状態が気掛かりでしたが、事前質問で液晶パネルについては問題なし、バッテリーは放電サイクル:680と微妙ながら、バッテリー交換までにはまだまだ時間が掛かりそうだし、格安サードパーティー製品のワンタッチ交換なので問題なしとしました。落札到着後のチェックでは外観は思いのほか綺麗ながら液晶パネルの発色は年代物風、というより2010年以前のそれ(特に問題無し)キーボードの幾つかに引っかかりが…掃除してOK、トラックパッド脇のベゼルに亀裂….長年使い込むと割れやすい部分ですがアロンアルファで修理、仮に割れ取れてしまっても機能上は問題ないです。

 
amazonでTranscend SSD 240GBとドライブベイ変換キットを購入して、SSD & HDDのWドライブ仕様で480GBの記憶容量を確保しました。

最新macOS High SieraをSSDに新規インストール、最初だけFinderの起ち上がりまでもたつきますが、2回目以降は古い機体ながら10秒以内でスタンバイしてくれます。

せっかくHDモニターがあるのだから….ということで変換アダプタ

Mid2010 13’MacBookなら外部ディスプレイで最大2,560×1,600ピクセル表示を同時サポート(1,670万色表示に対応)していますから、HDモニター1920×1080なら楽々ドライブしてくれます。

ここまで予算の3万円を大きく下回って完了!

Mid2010 13’MacBookは、公式サポート上は「MAXメモリー:4GB」とされていますが、実際は16GB(8GB x2)まで搭載出来る※ことが知られています。将来メモリー増設すれば、Windows10を仮想アプリでドライブすることも苦にしない実用性で、現在でも正に「Poorman’s the Best MacBook」です。
※要OS X 10.7.5以降 ・最新Firmwareアップデート
関連記事:「13’MacBook -unibody- メモリー増設 最安値検索 早見表

 

OSX Lion Serverでmid2007 mac miniを Time Capsule化

アップグレードを「オススメしない」としたmid2007 mac miniですが、とりあえずOSX10.7 Lionまでには対応していると言うことで….こちらにはOSX Lion Server をインストールします。

期待するのはOSX Lion Server のTime machine Server機能で、無線LAN越しに13’MacBookのバックアップが出来るようにしました。

しかしながら搭載しているHDDが当時の純正仕様とは言え120GBとショボいです…これでは役に立たないかも…ということで、交換が面倒くさい旧型mac miniですが 1TB-HDDに換装しました。

参考記事「2009 mac mini チューンナップ〜光学ドライブベイにSSD増設

ここまでで予算3万円を僅かに超えて終了!

ゼロからスタートでも予算5万円

今回は「2007 mac mini +モニター」のアップグレード相談から始まった話の顛末でしたが、仮に何も持ってない状態からだったとしても同モデルの落札相場が1万円前後、新品FullHDモニターも1万円前後という世の中なので、予算5万円あれば同じセットが組める勘定になります。

iPhone Xを使いながら 旧型13’MacBookを持ち歩くのはちぐはぐ感いっぱいではありますが、まぁ現実的には1点豪華主義的貧乏学生を演じるしかないねぇ

OSセットアップ〜macOS Mojave Patcher

ポリカ製13″MacBook Late2009/Mid2010モデルは、macOS10.13「High Siera」まで正規アップグレード可能です。

※2019.9更新 さらにその気になれば最新OSだって積めます。
macOS Catalina Patcher

コメントを残す