Mountain Lion対応の無線LAN-USBデバイスサーバー 〜 silex SX-DS-3000WAN

"Macintosh" カテゴリー記事
  

MacユーザーはOSのアップデートのたびサードパーティー製周辺機器が動かなくなったりと苦労が絶えませんが、とりわけネットワークがらみのモノは最悪だったりします。

友人の事務所に数年前に導入した「I・O DATAのETG-DS/US」という「USBデバイスサーバー」なるネットワーク機材が、Mountain Lionに切り替えてから一切使えなくなりました。
結局いまに至っても I・O DATAはMac OSのアップデートに全く対応せず、1年ほど不動の箱状態…でしたが、どうやらOEM供給元silex のドライバアップデータが転用できるとあって先日やっと復活させられました。

 酷い目に遭いながらも「USBデバイスサーバー」を使い続けるのはなにかと便利だからで、今度は無線LAN-USBデバイスサーバーにアップグレードすることになりました。

silex SX-DS-3000WAN

「USBデバイスサーバー」がどれだけ便利かと言うと…USB機器を複数のPCで共有できるということです。

ウチではmac mini serverが同様の働きをしてくれてるワケですが、わざわざサーバーを仕立てなくても手軽にUSB機器をシェアできます。

MacBookオンリーなユーザーなら、コードを絡ませる煩わしさから開放されるし、低価格なUSBプリンタも無線LAN接続できるし、無線LAN越しに安価なUSB接続のHDDでTimemachineバックアップもできます。

 [browsershot url=”http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20111129_494054.html” width=”200″]
 IEEE802.11n/a/b/gに対応したUSBデバイスサーバー
サイレックス・テクノロジー「SX-DS-3000WAN」

これまでI・O DATAやバッファロー、コレガという会社がMac対応を謳った「USBデバイスサーバー」をリリースしていますが、Mac OSのアップデートには冷淡でいまだMountain Lionには未対応のままで、唯一 silex という会社の製品だけが追従してくれています。

有線LAN
対応
割安なOEM供給のI・O DATA製品を買って、silexのドライバソフトを使うのが賢い? モチロン保証対象外です。
ETG-DS/US 最安値検索
SX-3000GB 最安値検索
無線LAN
対応
 
silexには”プリントサーバー機能”を持ったSX-2000WG+という製品もあるんですが、肝心の機能がMacに対応していません。注意です。

最安値検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。