Rakuten Miniをテザリングルーター専用機に〜Mac用のUSB有線接続テザリングドライバー

"Macintosh" カテゴリー記事
  

えんやらやっと到着したRakuten Mini、2台購入のうち1台は今後”ほぼ”テザリングルーター専用機になります。(ジブンのau-iPhoneのテザリングオプション月額500円が1年間不要になり節約にも貢献してくれます)
Rakuten Miniをテザリングルーターにしたとき心配なのが1,250mAhと小さなバッテリー容量ですが、コンビで繋ぐMacBook Airとは「USB有線接続テザリング」ですからテザリングしながらMacBook Air側から給電を受けるのでほぼほぼ心配しておりません。

Rakuten Miniは急速充電に非対応で、コンセントからACアダプタ介しても5V 1.2A程度の充電が最大とMacBook AirのUSBコネクタに挿して充電してもほぼ変わりません(詳細検証してません)ACアダプタ経由で0→100%充電に1.5時間!バッテリー容量を考えるとノロクサク遅いです…が上記のような使い方だと問題化しません。加えて2013 11’MacBook Air(バッテリー容量5496mAh)はACアダプタ経由なら0→100%充電に1.2時間、50%充電までなら30分と高速です(先日サードパーティー製バッテリーに交換して容量、充電時間とも当時の純正バッテリーより高速充電)

守秘性高く、安定動作のUSB有線接続テザリング

USB有線接続テザリングは、wi-fiやBluetoothによるテザリングよりも守秘性や繋がりの安定性を確保できます。加えて上記のようなサービス・メリットもあってかれこれ10年前から仕事用PC通信にはUSB有線接続テザリングです。

<Rakuten MiniのUSB有線接続テザリング>
Rakuten Miniでのテザリングは、設定>ネットワークとインターネット>アクセスポイントとテザリングの画面で設定します。テザリング対象PCとUSB接続するまでは「USBテザリング」の項目チェックは選択できませんから、まずPCとUSB接続してください(付属の充電用Type-C〜USB-Aケーブルが使えます)

Rakuten MiniとPCをUSB接続するとUSBテザリング」の項目チェックが入れられます。

「テザリングアイコン」を設定するとホーム画面で簡単にテザリングをON/OFF出来る…ハズなんですが、これはあくまでwi-fiテザリング用、USBテザリングのON/OFFには使えません。だからUSBテザリングのON/OFFにはいちいち設定画面を開かなければならずちょっと面倒…というのが唯一のデメリットでしょうか。

USBテザリング時は無反応な「テザリングアイコン」

MacでUSB有線接続テザリングするには

MacではAndroidスマホに接続してのUSBテザリングを標準ではサポートしていません。
なので…HoRNDISドライバーを追加インストールします。HoRNDISは、Android OSのネイティブUSBテザリングモードを使用してインターネットにアクセスできるMac用のドライバーです。現在の最新バージョンは v9.2でMacOS 10.11以降、10.14(Mojave)で動作が確認されています。

HoRNDISドライバーを追加インストール後、Rakuten MiniとUSB接続しUSBテザリングを開始、Macの環境設定>ネットワークを開いて状況を確認します。

「SDM439-MTP」がRakuten Miniのルーター(USB)接続になります。

以前、公衆wi-fiやwi-fiルーターのハッキングに詳しい”まっとうな”エンジニアの話を聞いて以来、「便利だから」「簡単だから」というだけで公衆wi-fiを利用したり、wi-fiテザリングするのは止めました。守秘性は設定次第で高められますが、SSIDをステルス(非表示)にすることも出来ませんしとりあえず仕事上の通信にはUSB有線接続テザリングでしかPC通信はおこなっておりません。

 

コメントを残す