次期「macOS 12 Monterey」発表〜アップデートのシステム要件〜Intel版Macでは一部機能が使えません

"Macintosh" カテゴリー記事
  

Appleは2021年06月08日の世界開発者会議(WWDC21)基調講演の中で次期macOSのコードネーム「macOS 12 Monterey」を発表しました。

アップデートのシステム要件は下記のとおり。mac mini 2014のサポートは予想どおりですが、iMac 2014、MacBook 2015が打ち切りとなったのは意外。

  macOS 11
Big Sur
macOS 12
Monterey
 MacBook  2015以降  Early 2016以降
 MacBook Air  2013以降  Early 2015以降
 MacBook Pro  Late 2013以降
 Mac mini  2014以降  Late 2014以降
 iMac  Late 2015以降
 iMac Pro  2017以降
 Mac Pro  2013以降  Late 2013以降

iOS、iPadOSとのシェア機能拡張が売りのようですが詳細発表は未だ… それよりもアップル シリコン・M1 mac との親和性、バグフィックスに注力したバージョンOSな気がします。

とにかく我が家のmac mini 2014でも動くので業務サポート用には使えそうですが、そろそろ一部の機能はハードウェア案件で弾かれてサポートされなくなりそうな予感….と思っていたら既にそうなってました。

インテル版MacにインストールのmacOS Montereyでは、以下の機能が利用できません。

  • FaceTimeでのポートレートモードでの背景ボケ
  • PhotosアプリによるLive Textでのテキストコピー、貼り付け、検索、翻訳
  • Mapsアプリでのインタラクティブな地球の3D表示
  • Mapsアプリでの一部都市でのより詳細な表示
  • 一部言語のテキストからスピーチ機能
  • すべての処理をオフライン状態でおこなうデバイスでのキーボード検出
  • 無限キーボード検出(以前は1インスタンスあたり60秒に制限)

ジブンの使いみちにそれほど影響する項目はありませんが、この先毎年10項目づつ増えていく予感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。