mac mini 専用SSD〜換装アップグレードガイド

"mac mini" カテゴリー記事
  

【新着関連記事】

Mac mini Late 2012以前のモデルでは汎用mSATA・SSDによるアップグレードが可能でしたが、Mac mini Late 2014(SSD搭載モデル)からは専用SSDが使われておりアップグレードが出来ませんでした。しかし「macOS 10.13 High Sierra」でAppleのネイティブNVMeドライバがサードパーティ製NVMe SSDでも利用できるようになり、最近ではM.2端子をApple製SSDの端子に変換してくれるアダプターを介してサードパーティ製NVMe対応SSDが利用できるようになりました。またMac mini Late 2018のSSDはオンボード搭載となりApple T2で暗号化されているため、サードパーティ製NVMe SSD利用してのアップグレードはできなくなっています。

mac mini SSD適合リスト

リリースモデル
製品型番
(技術仕様LINK)
SSD仕様
変換アダプタ仕様
Late2018

アップグレード不可

→Thundevolt 3 接続M.2 NVMe SSD
→USB3.1(Gen2)接続M.2 NGFF SATA SSD

Late2014

JetDrive 820 & 850

  JetDrive 850 JetDrive 820
インターフェース NVMe AHCI
PCIeバージョン Gen3 x4 Gen3 x2
フラッシュ種類 3D NANDフラッシュ  
容量 240 GB/480 GB/960 GB 240 GB/480 GB/960 GB
システム要件 macOS 10.13以降 macOS 10.10以降
データ転送スピード
読出し(最大) 最大 1,600 MB/s 最大 950 MB/s
書込み(最大) 最大 1,400 MB/s 最大 950 MB/s

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥22,800 (2021/09/19 17:25:35時点 Amazon調べ-詳細)

※JetDrive 820では接続端子部分がApple独自のPCIeスロット形状に合う専用設計。PCIe Gen2 x2接続のため Mac miniでの転送速度は実質550〜650MB/sec程度 従来からあるAHCI(Advanced Host Controller Interface)制御方式のでは旧Mac OS(OS X)から最新のmacOCまで幅広いOSで利用可能

※2014 mac miniのHDDモデルの場合、PCIeスロットを増設する必要があります。

【macOS 10.13以降対応】

NVMe SSD M.2→Apple変換アダプタ
(要 macOS High Siera 以上)

1TBで1万円前半のコストパフフォーマンス!

macOS High Sieraアップデートやディープスリープ時にカーネルパニックや一時的にSSDを見失う症例を改善した「Sintechアダプタ」最新版。
Sintechアダプター

Late 2012


Mac mini- 技術仕様

Mac mini Server 技術仕様

Mid 2011

Mac mini- 技術仕様
Mac mini Server 技術仕様

Mid 2010

Mac mini 技術仕様
Mac mini Server 技術仕様>交換手順Youtube

Late 2009

技術仕様

Early 2009

技術仕様

2.5inch mSATA・SSD

 

 

Thunderbolt 3接続 M2 NVMe SSD

Late2018 mac miniではSSDを換装出来ない仕様になったので、物理的に記憶容量を増やすためには外付けストレージとなります。内部ストレージ(PCIeベースSSD)に迫るパフォーマンスを期待するなら、Thunderbolt 3 接続のNVMe変換 M2 SSDケースとM2 NVMe SSDの組み合わせです。

対応SSD:M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe

 USB3.1(Gen2)接続 M.2 NGFF SATA SSD

M.2 NGFF SATA SSDをUSB Type Cに変換するM.2 SSD ケースを使えば、USB接続で最大10Gbpsの高速伝送をサポートします。※装着するSSDの対応インターフェースに注意

2021年のSSD選び

6年前に「SSD選びのポイントは容量とランダムシーケンス性能」という記事を書きましたが、基本的にはいまでもそう思っています。ただSSDのリード・ライト性能はずっと速くなっているし、価格差とスペックが必ずしも一致しないこともあって、ムービー編集の専門スペック重視でもないかぎり”速さ”を競って製品選択するのは、実質的には(感覚的には)意味ないレベルに達しており、普及タイプの汎用型、M.2型ともに「1TB=1万円」がトレンドになりつつあります。投資は効率良くです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。