こんなネット社会だから、いわゆる「捨てメールアドレス」積極利用のすすめ 〜Yahooメール・セーフティーアドレスの活用

"PC" カテゴリー記事
  

百花繚乱のネット社会を回遊するには「積極的身分偽装の勧め〜ネット社会の作法として」と書きましたが、必要最小限のアクセス要求として何処のサイトに行ってもメールアドレスの登録を求められますね。よほどの必要性に迫られない限り、パブリック・プライベートのメールアドレスは使うべきではありません。当然フリーメールアドレスを使うべきなのですが、あとあとスパムメール攻撃にあったらあっさり捨てられるように複数のフリーメールアドレスを持つと便利です。しかしながら複数のフリーメールアドレスを申請・管理するのは面倒だったりもします。そこで活用してもらいたいのがYahooメールのメールオプションにある「セーフティーアドレス」です。

 Yahooメールのアカウントを取得して、 Yahooメール画面右上の「メールオプション」をクリックするとオプション一覧が表示されますから、その中から「セーフティーアドレス」をクリック

「今すぐ作成」をクリック

ペンネーム(別名)を設定します

既に膨大なペンネームが登録されているので安易なペンネームははじかれたりします

ペンネームが決まったらキーワードの設定です。
(これは連番みたいなもんだと思った方がいいです)

セーフティーアドレスのオプション設定です。
※配信先フォルダを「新規フォルダ」にすると、セーフティーアドレスで
受信したメールを完全に専用フォルダに隔離できます。

これでYahooメールアカウントとも無関係なフリーメールアドレスが出来ました。「追加」をクリックすると2/3行程から新しいキーワードを付加したメールアドレスを簡単に追加できます。これだとわざわざフリーメールアカウントの申請・登録の手間をかけずにフリーメールアドレスを追加作成できます。

 フリーメールアドレス(usoyon2000-a@yahoo.co.jp)宛に送られてきたメールは全てフォルダ「usoyon2000-a」に溜まります。もしこのアドレス宛にスパム攻撃が激しかったらこのフリーメールアドレスを設定から削除、メールはフォルダごと削除すればすっきりおさらばできる仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。