てんやわんや我が家のMNP完結〜格安SIM・LIBMOに決めました!

"iPhone" カテゴリー記事
  

 

現在使っているau:iPhone6Sに大きな問題が無いことや、アップルのバッテリー交換キャンペーン情報や、MVNO情報、iPhone8/X情報、大手キャリアのMNP対応状況等々を勘案して、我が家ではiPhone6SをSIMロック解除のうえ4年ぶりにMNPしました。

電話通話を無視するワケにもいかず、折り合いがイイのがワイモバイル(10分間通話無料)ということでほぼほぼワイモバイルへのMNPが決まっておりましたが….

ワイモバイルにMNP(音声USIM)ならば

我が家(2人分)の月額料金

基本・割引項目 初月※ 2〜12ケ月 13〜24ケ月
契約期間 2年間
契約プラン スマホプランM
6GB
4298 x2
小計8596円
スマホプランS
2GB
3,240 x2
小計6,480円
スマホプランS
2GB
3,240 x2
小計6,480円
ワンキュッパ割 
※12ケ月
-1080 x2
小計-2,160円
-1080 x2
小計-2,160円
0
家族割 小計540円 小計540円 小計540円
我が家の合計 5,896円
↓※
104円

データ通信6GB
10分無料通話
月額:3,780円
データ通信2GB
10分無料通話
月額:5,940円
データ通信2GB
10分無料通話
キャッシュバック※2 15000 x2
合計30,000円

※実際にはau旧契約月末の3日前に切り替えで日割り計算になるので安く済ませられます。

 

逆転のLIBMO

ほぼほぼワイモバイルにMNPで準備しておりましたら友人から連絡ありまして、LIBMOという格安MVNOが キャンペーンやってるので試してみないかと言う。人柱は御免被りたいがその友人もデータ通信プランを使っており”取り立てて問題ないと思うけど…”らしい。

「LIBMO」とは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営するMVNO。
静岡県ローカルでソフトバンク系列の直営モバイルショップも運営(何故かさいたま市宮原にも1軒だけ出店)しており、MVNOの「LIBMO」も取り扱っています。何故か「LIBMO」はdocomo回線を使用してます。
ケーブルテレビを展開したり系列TOKAIネットワーククラブは、静岡県ローカルのインターネットサービスプロバイダも運営しています。

https://www.libmo.jp

LINEとメール、SNSだけなら月額80円の驚愕価格

<最大通信速度200kbps>のライトプランなら1年間は月額80円!
低速回線と言えども LINEとメール、テキストベースのfacebook、twitterだけしか使わないユーザーならじゅうぶん使い物になります。
※128kbpsあれば、LINE通話も可能らしい →参照

実用プランもMVNO最安値?

実用的なデータ通信3GB、SMS&音声通話付きでも月額780円、オプションの「10分無料通話」を選択しても月額1,480円は、メジャー級MVNO:DTIの「でんわ定額プラン3GB」お試しプランや、派手な宣伝のmineo 大盤振る舞いキャンペーンプラン半額、適用期間も2倍の1年間です。

プランの中身も優秀です

いくら安くてもプランの中身、契約の中身がオンボロだったら愚の骨頂、気になる中身を我が家的に検証してみました。

キャンペーン価格
適用期間

契約から1年間
最低利用期間
と違約金
<データ通信SIM>
特に契約期間なし
<データ通信+電話通話 SIM>
1年間
中途解約時の違約金:9,500円
通信データプラン・
オプションの変更
月単位で変更可能 /手数料なし・違約金なし
サービス提供エリア docomo回線エリア(→map
公衆無線
LANサービス
提供無し
データ容量繰越 翌月まで可能
データチャージ分は90日
プランデータ容量
超過時の回線利用
128kbps制限
データシェア LIBMO1回線(親回線)につき、2回線まで子回線のオプション登録ができ、子回線それぞれに音声通話機能、SMS機能を追加することも可能。
追加SIMカード:一枚につき120円/月
(発行事務手数料:3,000円)
テザリング OK(無料)
10分カケホーダイ 月額利用料850円(税抜)
0035でんわアプリによるプレフィックス方式
10分以降超過時:10円/30秒
動作確認機種 https://www.libmo.jp/device/
docomo:iPhone5s〜iPhoneX
 au/softbank:
 iPhone6s、iPhone7(SIMロック解除版)

契約条件としてはかなり好条件ではないでしょうか。
キャンペン期間中だけ利用してもいいし、契約期間縛りがないので1年経過後はいつ解約、MNPしても違約金が発生しません。データプラン・オプションの変更が月単位でいつでも出来るというのも良いです。

許可してなかったり、有料オプションなキャリアもあるテザリングも無料。
データ繰越やデータシェアが格安なのも素晴らしいです。

難点を挙げれば
専用アプリからの「10分カケホーダイ」で、着信履歴がアプリ上に残らないことと、着信先に「電話番号+0272038027」という謎の番号が表示されてしまうことですが、致命的とは言えません。
「公衆無線LANサービスの提供が無い」のは痛いですが、MVNO的には当たり前?な気もするし、auも2018.3月をもって公衆無線LANサービス提供を終了します。それでもYahoo wi-fiやプロバイダ系の有料無線LANスポットサービス(200〜500円/月額)の選択肢があるので。

優良にして最安のMVNOではないでしょうか!

LIBMOにMNP(音声USIM)ならば

我が家(2人分)の月額料金

基本・割引項目 初月※ 2〜12ケ月 13〜24ケ月
契約期間 1年間
契約プラン データ+SMS+音声通話3GB+10分掛け放題 2480円 x2
ユニバーサル使用料 2円 x2
小計2482円 x2
キャンペーン割引 
※12ケ月
データ通信月額利用料割引 -400円 x2
お電話応援プログラム -150円 x2
ウィンターキャンペーン -400円 x2
小計-950円 x2
0
我が家の合計 事務手数料 3000 x2
月額:2,964円
小計5,964円
↓※
3198円

データ通信3GB
10分掛け放題
1532 x2
月額:3,064円
データ通信3GB
10分掛け放題
月額:4,864円
データ通信3GB
10分掛け放題

※実際にはau旧契約月末の2日前開通

ほぼワイモバイルで決まっていた我が家のMNPですが、土壇場でLIBMOです。決めてはやはり

  • 契約期間が1年で、以降はいつ解約してもOK、違約金も発生しない
  • 同金額プランでデータ通信量が1GB多い3GB(翌月データ繰越有り)
  • 安価なデータシェア(追加SIM 月額120円-事務手数料別途)
  • キャンペーン割引後のベースプラン価格も安い

イチバンの決めては「興味本位」だったやもしれません。

あとは実際に使用してdocomo回線のMVNOの実力は如何にです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。