貧乏は正しい〜世の中には正しい手順も正解も無い〜森山たつをの「海外就職という選択脂」

"ガラガラポンに向かう社会" カテゴリー記事
  

90年初頭に出版された橋本治の「貧乏は正しい」は、バブル崩壊が始まる時期にあたるわけですがそれは後付けのお話。当時はまだまだバブルの残り香いっぱいで「貧乏」に無縁なヒトの方が多かったのではなかろうか。

ひるがえって21世紀の現在、自称貧乏からうっかり(気づいていない)貧乏、そしてホントに貧困な家庭までいろんな貧乏が溢れています。昔ながらの明るい貧乏を許さない情報社会のおせっかいがことさら貧乏を遠ざけているような気もしますが、そろそろ貧乏に臆することなく慣れておくにはいい時期かもしれません。

貧乏にシュリンクする必要はありません。”安定がイチバン”と公務員を勤め上げて暖かい家庭を作るのも悪くはないのかもしれませんが、時代は”短い人生一度は海外へ”と気易く悪ノリできる選択肢も用意してくれています。

世の中には正しい手順も正解も無いと知れるのは人生半分以上過ぎたあたりですが、若いヒトにとって老人が支配するこの国には少なくなった後々イイ肥やしに変わる”困難”も”やりがい”も海外にはたくさん転がっています。

 

内需が縮小する中、就職先を国内だけに求めてもムリがある。高度成長期の真っ只中にある「アジア海外就職」という選択肢も考えてみよう。新たな視野が開けるかもしれない。豊富な海外ネットワークから最新の情報を収集して提供する。

海外で痛感する「SIMフリー携帯」の威力 東京五輪を前に日本にも「もっと便利」を

2013/12/10

マニラやセブシティへの渡航、「自粛」しないで! 台風被害の支援のために

2013/11/26

フィリピン・セブから「台風被害」報告 復興支援のため日本人ができるコト

2013/11/19

フィリピン英語留学で若者が得た「宝物」 語学上達以外にもあるこんなメリット

2013/11/12

「為末努力論が炎上」に思う 「21世紀の日本」に合った努力と才能の組みあわせ方

2013/11/ 5

「昭和の香り」の街が一気に5段飛ばしの進化? 「プノンペンに最新型イオンモール」の衝撃

2013/10/29

高金利にウハウハ?それとも「弱点」気になる? 「カンボジアでUSドル預金」やってみた

2013/10/22

ケータイも会社も「乗り換え」もっと簡単に それで日本がハッピーになる!?

2013/10/15

意外と使える「貧乏慣れ」のスキル そこから広がるお得な選択肢
2013/10/ 8

いま必要な「貧乏慣れ」の覚悟 消費税を上げたって福祉も景気もよくならない
2013/10/ 1

現地採用をバカにする駐在員なんか「倍返し」してやれ! 
2013/9/17

フィリピンの「お好み焼き」が美味しくなっていた! 危うし日本人の「特等席」
2013/9/10

フィリピン生活1週間目 「コアラのマーチ」食べながら「あまちゃん」見てます
2013/9/ 3

現場、現物、現実! 東南アジアに「引っ越し」します
2013/8/27

現代日本人の「人生の選択肢」 多いか少ないか
2013/8/20

「人生の選択肢は多ければ多いほど幸せ」とは言えない難しさ
2013/8/13

有休が取れない職場は「東南アジアのマネジメント」を参考にしては?
2013/8/ 6

日本の市場で行き詰まった人に「セカ就」という選択肢
2013/7/30

海外留学後、日本で「つまらない仕事をさせられた」と感じている人へ
2013/7/23

「セカ就」するのって、どんな人? 「海外リア充」の若者の場合
2013/7/16

希望も課題もいっぱいでオッケー! バングラデシュで働く日本人
2013/7/ 9

人口1.5億人もいてオッケー! バングラデシュってどんな国?
2013/7/ 2

自分のスキルが「どこか別の場所で売れないか」を考えてみる
2013/6/25

気づかぬうちに「他人から奪われやすい仕事」に甘んじていないか
2013/6/18

「経験値」を上げさせてもらえない今どきの若者たち
2013/6/11

「語学研修つき就業体験」が参加者募集 豊かな日本だからできる支援策
2013/6/ 4

勇気を持って他人と違うことをした人が、いま大きな報酬を得ている
2013/5/28

島耕作も乗り出したジャカルタ しかし雲行きはすでに怪しく…
2013/5/21

中国・広州交易会には「日本の会社で雇われる」以外の生き方が転がっている
2013/5/14

日本テレビメーカーの「暗い未来」 甘い願望を打ち砕く「広州交易会」の現実
2013/5/ 7

ユニクロ「世界同一賃金」で一番得をするのは、新興国の実力がある社員
2013/4/30

あなたはどのタイプを選ぶ? 海外就職「3つのジョブ」
2013/4/23

グローバルな仕事をしたいなら、外資系より「日本企業への入社」が早道な理由
2013/4/16

「あいつ、インドネシア語勉強してるってよ」と噂を立ててもらおう
2013/4/ 9

海外就職の第一ステップは「目の前の仕事をしっかりこなすこと」
2013/4/ 2

「中くらいのスキル」×「中くらいのスキル」で「ニッチな希少人材」を目指す
2013/3/26

日本の若者が減ったなら、外国から「お客さん」を呼べばいいじゃない?
2013/3/19

 

森山たつを

海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所

 

コメントを残す