また住みにくい世の中に一歩近づく〜何が何でもタバコが嫌い〜改正健康増進法施行

"ガラガラポンに向かう社会" カテゴリー記事
  

2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、2020年4月1日から全面施行されます。改正健康増進法では、望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、施設の管理について権原を有する者が講ずべき措置などについて定めています。基本的な考え方は、「望まない受動喫煙をなくす」「受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮」「施設の類型・場所ごとに対策を実施」の3つ。

喫煙者に配慮したような文言も入れられてはおりますが、実情はというと…

消防学校の屋外駐車場の一角に設けられた喫煙所

ドクターヘリの発着ヘリポートが隣接しております。

実は、道を1本隔てた病院の職員・ドクター・患者さん達が利用する屋外喫煙所

厳密には病院法人所有の敷地内ということになるのでしょうが、病院施設敷地とは公的道路で仕切られ、三方田んぼで実質的に利用がない駐車場の一角にある喫煙所、そんな所でさえ認められないということです。

「何が何でもタバコが嫌い」なヒトにとっては、錦の御旗に書かれた免除規約など毛ほども気にならないらしい。人に優しくない時代です。次は運転免許の年齢制限かなぁ…

 

コメントを残す