1000円未満で作るペットの脱走防止柵〜改良版で面倒くささ解消

"クー" カテゴリー記事
  

ペットを家の中で飼われている家庭では、玄関に”ペットの脱走防止柵”を設置されている処も珍しくないと思うのですが、我が家でもやんちゃな猫達のために玄関脇の廊下に100均製脱走防止柵を設けております。

突進されたり、本気でもたれ掛かられたりすると容易に倒れて脱走可能な簡易柵ではあるのですが、実際のトコロ猫たちが賢いのか柵自体を「此処から先は進むな」の意味だと了解しており玄関ドアまでやってくることはありません。そもそもクーちゃんにとってはなんなく飛び越えられる高さにすぎません。

本気で脱走防止を考えたらここにもう一枚ドアをつけるしかない…のですが、前述の通りこんなモンで十分に用を足してくれております。

ただね、出入りのたびにちゃんと設置し直すのがなにげに面倒くさいんです。これをなんとかしたいとホームセンターに探しに行ったのがこれです。

35mmインセット型蝶板(@300円前後)

いわゆる「オフセット蝶板」とか言われているシロモノでいろいろ種類があるんですが今回選びに行ったのは、パキンとトルクを掛けると直角に曲がって止まるコト、曲がるときにインセットで隙間が確保されているコトを条件のシロモノです。

90度可動側を柵に固定します。もっとスマートで丈夫な取り付けも検討しましたが、手っ取り早く試してみるのにワンウェイバンドで固定してみました。

廊下の片側にネジ止め固定して柵を使わない状態、蝶板が35mmインセットである必要があるのは、この閉じた状態で壁との間に柵が収まる隙間を確保するためです。

柵を使う状態、ある程度力が加わらないと0度〜90度の中間でフラフラすることはないです。柵自体に剛性がないので反対側にストッパーを設けないとムリムリ押されると脱走されちゃいます….が、前述の通り我が家の猫達はそこまでしないのでいまのところストッパーは要らないみたいです。ストッパーを付けるなら長すぎない円柱ゴムを両面テープなりネジ止めすれば、人が歩いて当たったときでもダメージは小さいかと…

見てくれは悪いですが、ワンウェイバンド固定でけっこうしっかりしてるので我が家ではこのまま使っています。

かなーり面倒くささは解消されました。

コメントを残す