我が家の猫達のソーシャル・ディスタンス〜

"クー" カテゴリー記事
  

ちょっと前からななとクーのソーシャルディスタンスが以前よりぐっと狹まったように感じられます。クーがやってきた3月頃はしばらくは同じ部屋にいることもはばかれる程、ななが警戒しておりました。4月になると先住猫に嫌がられても粘り強く仲良くなろうと努力するクーに根負けするカタチでななも平穏になり、G.W明けあたりからは一定のソーシャルディスタンスはあるものの同じ空間でフツーに一緒に居られるようになりました。

ホントに珍しい超近接並んでのツーショット

最近は毎朝のデモンストレーションのように”追っかけ合い”が始まりますが、まぁじゃれ合ってるという感じです。それでも二匹並んでのツーショットなんかまだまだ無理っぽくて、ななの警戒心が100%緩むことはありません。現在の二匹のソーシャルディスタンスは平均約30cmというとトコロです。

それにしても大きくなったクー、猫時計とななとを比べると一目瞭然です。

ななの繰り出す苛烈な猫パンチ速射がクーを襲うことは度々ありますが、ななと仲良くしたいクーがまともに応戦することはなく、なまくらフックぎみに手を出すことはあっても当てないのが前提の意思表示みたいなモンです。実際のトコロ、クーの猫パンチは強烈で本気だとななの3倍以上の威力、ジブンが叩かれるとついむきになって叩き返そうと思うくらいには痛いです。

気難し屋のななに、気は優しくて力持ちなクーです。

 

 

コメントを残す