犬の下痢に効くお薬さがし

"さんちゃん" カテゴリー記事
  

ボストンテリアのさんちゃんの下痢が再発したので、今回は病院に駆け込む前にお薬さがしをしてみました。

1月にも原因不明のひどい下痢が続いて1週間後に病院に行って、虫下しというわけでもなく血液検査してもらうとどうやら肝機能が低下しているとのこと。
1日入院させて様子見してもらったのですが本人は食欲旺盛で元気いっぱい。
抗生物質と下痢止めを1週間処方してもらったところで回復しました。もちろん本人はずっと食欲旺盛で元気いっぱいです。

今回も「食欲旺盛で元気いっぱい」なので大騒ぎせずに、前回処方して貰った薬を購入して試してみることにしました。

「犬の下痢に効くお薬」を検索してみるといろいろ出て来ますが、やはり処方箋薬としてはビオイムバスター、ディアバスター、デルクリアです。

 

前回病院で最初に処方してもらったデルクリアはなかなか効かなくて、ビオイルバスター&ディアバスターの組み合わせを貰って改善したので今回はその2種を購入しました。

ビオイルバスター&ディアバスター どんなクスリ?

ペットビジョンさんの「健康とクスリの話」によれば
「ビオイムバスターは、乳酸菌と消化酵素を配合した整腸剤で、肝臓やすい臓の機能が低下して必要な消化酵素が十分に分泌されないことが原因で下痢をしているような場合に有効」

「ディアバスターは、典型的な下痢止めで、消化管の運動を抑え消化機能を調整したり、収斂作用により浮腫を改善するような成分が配合されています」 ですが便秘を生じる場合もあるらしいので、長期間使用しない方が無難そうだしビオイムバスターとの併用が推奨されています。

 

おかげさまで2回服用させたところで下痢→軟便に改善。3日後(5回服用)に健康なウンチくんに回復いたしました。

ビオイルバスター、ディアバスターともに「100錠入り」で使い切れないのでは…とも思ったのですが、今年で9歳のさんちゃんですからやはり常備品と割り切りです。

 

コメントを残す