自動車保険の更新〜こんなご時世、セゾン「おとなの自動車保険」に乗り換えるべきポイント

"カングー" カテゴリー記事
  

自動車保険の更新「もっと安いトコロないかなぁ…」と一応探してみるのですが、ダイレクト型の主要な保険サービスはほとんど中身が同じになって、簡易条件だけ入力して送られてくる「一括見積比較」の金額も、保険会社ごとによくよく内容を詰めていくと数百円の僅差….おんなじじゃん…「こんなに違います」なんて嘘じゃん… とがっかりします。

視点を変えて見直してみた

オリコン・自動車保険満足度ランキングでは首位キープの「イーデザイン損保」これまでのサービス対応に不満は感じておりませんでしたが、我が家なりの見直しポイントが見つかり今回セゾン「おとなの自動車保険」に乗り換えました。

ジブンが50代であること(セゾンおとなの自動車保険は50代の割引最強!)も大きいですが、それだけじゃないこんなご時世の我が家なりの見直しポイントをご紹介します。

ロードサービス内容の違い

もはや対人賠償・対物賠償・人身傷害の補償内容では差が無いダイレクト型保険、ロードサービスも一見横並びですが、セゾン「おとなの自動車保険」は無料のレッカー距離が最大300km、ガス欠時の給油対応が無料、バッテリー上がりも無制限対応と、頻繁に長距離走行する我が家には安心だし、これならJAFの追加契約も要らないやもしれません。

項目 ソニー損保
アクサ
ダイレクト
三井
ダイレクト
チューリッヒ
イーデザイン
損保
セゾン
おとなの
自動車保険
SBI損保
バッテリー上がり
無制限

期間中1回

90日制限

期間中1回

無制限
レッカー
距離

50km

35km

30km

100km

30km

300km

50km
ゴールド免許割引 --
走行距離割引 -- --

 

※走行距離割引は一見横並びですが”割引率”で言えばソニー損保が最強なので、あまりクルマに乗らないヒトは要シュミレーションです。

 

自転車事故の個人賠償責任補償に備える特約

こんなご時世ですから対人賠償・対物賠償・人身傷害の無制限保障は珍しくありません(我が家もつれあいが通勤利用するので無制限保障)加えて、最近では自転車事故でもとんでもない巨額判例が増えているので、自動車保険の特約として自転車事故の個人賠償責任補償に備えるのがベターです。

(ジブンを含めて家族は自転車に乗らないという人には無関係…なのかも)

自転車事故のための保険は、月額数百円(年額5000円程度)で加入できますが、補償範囲や示談交渉等のサポートがなかったりと不備が目立つもの多いです。自動車保険の特約としてセゾン「おとなの自動車保険」では(家族を含む)自転車事故での個人賠償責任補償を無制限サポート、示談交渉を含めた弁護士特約も適用されるし、自転車事故でジブンや家族が入院したときには一時金も支払われるのでかなり安心、それでいて別途保険契約するよりも割安ですから言うことなしです。

項目 ソニー損保 アクサ
ダイレクト
三井
ダイレクト
チューリッヒ イーデザイン
損保
セゾン
おとなの
自動車保険
SBI損保
補償対象 個人/家族 家族 家族 家族 家族 個人/家族 個人/家族
自分 死亡保険金 500万~ 3,000万~ 3,000万~ 246万 5,000万~ 500万 1,000万
入院一時金 -- 10万 -- -- -- 10万 --
入院日額
通院日額
5,000円
1,500円
ケガ次第 5,000円
1,000円
2,500円
1,500円
ケガ次第 5,000円
--
ケガ次第
相手 個人賠償責任補償 5,000万 3,000万 -- 3000万~ -- 無制限 1億
弁護士費用
示談交渉 -- -- -- -- --

 

つながるサービスの安心感

アマゾンの「Amazon Dash Button」よろしくいざ事故発生のときにワンプッシュで保険会社とつながるサービスというのは安心感があります。我が家ではこの10年の間につれあいが通勤時に自損・追突・接触事故をそれぞれ経験していますがあわてふためく姿が眼に浮かぶようでしたから、このサービスは絶対アリだと思いました。


「つながるボタンを設置してみた」記事に続く

ALSOC隊員が現場に駆けつける…という安心(威嚇?)

「やくざ屋さんのクルマにぶつけてしまったら….」女性ドライバーならずとも考えたくないシチュエーションですが、警察のパトカーが駆けつければ問題ないかというとそうでもないです。警察屋さんも接触事故くらいだとサッサと現場検証と簡略な事情聞き取りが終われば「後は双方で話し合ってください」とそそくさ引き上げる場合がほとんど。

再び残された当人どうしで向き合わねばならないのだからやはり女性ドライバーはビビりますよね。質が悪い輩は思っている以上にゴロゴロしています。一方的にわめき散らすオバサンだって聞いてるだけでゲンナリしてしまいます。

「ALSOC隊員が駆けつけます」で頼れるのは怪獣退治の雰囲気以外には期待できませんが、とりあえずその間にオペレーターから冷静な指示を受け取れるのでは?

ウチのつれあいの通勤片道20kmのあいだでどんな相手と対峙することになるかわかりませんから、実際に織田裕二が駆けつけることも無いわけで、まぁこの方が良いかなぁ、くらいのノリですが。

支払い保険料収支我で言うと、いままでの契約条件に個人賠償責任補償に備える特約を加えてもトータル保険料としては1000円程値下がり、安心感もぐっと上がって満足いく見直しになりました。

契約更新前にお得ポイントをゲットせよ

我が家にとって保険料支払い額にはあまり意味がなかった「見積もり一括請求」サービスですが、利用することで1000〜4000ポイントはゲットできます。更新時限定のボーナスだと思って利用しない手はありません。比較的利用がカンタンなサイトだけ紹介しておきます。

楽天 保険一括見積もり

賢い人のお得なサイト | ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス※サイトトップから「自動車保険」で検索するとポイントゲットできる一括請求項目が表示されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す