間違いないドライブレコーダー選び ?〜我が家的選定思案〜2018上半期ランキング

"カングー" カテゴリー記事
  

2018.8.1追記

全国の家電量販店やネットショップの
実売データを集計する「BCNランキング」による

2018年上半期にイチバン売れたメーカーは「コムテック」
そのなかでも飛び切り人気は、amazon・ドライブレコーダー部門ランキングで長らく首位をキープしているコムテックの超小型ドライブレコーダーでした。

BCNランキング

COMTEC ZDR-012
可もなく不可もなしな日本製ではない製品ですが、トラブルが少ないというだけで価値がある超小型ドライブレコーダーです。

コムテック製品を見る

 

「使わなくなったスマホをドライブレコーダーにする」のは Good Idea で、無料ながら優秀なアプリも配布されています。「使わない手は無い」と誰もが考えて当然なのですが、直射日光が厳しい真夏にダッシュボード上で24時間-連日放置されると”こうなる”というのを友人から見せてもらったコトがあります。スマホは到底そんな過酷な条件で使われる事を想定していないので気軽に放置プレーされると間もなく音をあげる確率が高いです。特にスマホの場合は発火し易いLI-ionバッテリーを詰め込まれています。連続充電状態で稼働させられた場合はかなり高温になるので、万が一のことを考えると「設置しっぱなし」は出来ないと承知しておきましょう。常時設置を前提にしたドライブレコーダーはそれなりに耐久性を考慮された専用設計製品という認識で選択しましょう。


Yupiteru WD300

ドライブレコーダーは、フツーは役に立つこともなく、いざというときに頼りにするという保険みたいな存在ですが「スペック性能と価格と信頼性」のせめぎ合いが激しい製品とも言えます。中華製があたりまえなうえに価格の幅も大きく、必ずしもそれが信頼性とリンクしていないように見えるから選択思案は袋小路にはまりがちです。

さらに今や前方だけ用心すればいいと言うもんじゃないので、前後2カメラは必須、さらに我が家では「apeman RB-C860-JP」バックカメラ装着で後ろからせっつかれたり、あおられる機会が減りましたから、そんな効果も期待できますよ。

最新機種では360度録画タイプというのも登場しております。

360度録画タイプで備えたい

まだまだ高額ですが…「並走嫌がらせ」にもバッチリ証拠確保したいならこのタイプです。

Carmate d’Action 360 DC3000
アクションカメラとしてのオプションも備えていますが….そんなとっかえひっかえするヒトはいないでしょう。記録画素数:2880×2880(4K相当:約800万画素)とじゅうぶん過ぎるスペックです。

 

信頼性第一・故障しないに限る派

とにかく「ドライブレコーダーは保険」と割り切る派の皆さんが選ぶべき機種はこれしかありません。日頃使いにサービス精神は感じられませんが、万が一に備えてひたすら耐える信頼性と確かな映像性能はピカイチです。

DRIVEMAN S-GP-1
警視庁御用達でつとに有名なアサヒリサーチの製品、警視庁と共同開発実績があるメーカーだけに信頼性は他社と一線を画す製品とは言えるでしょう。

アサヒリサーチ Driveman ドライブレコーダー GP-1フルセット 3芯車載用電源ケーブルタイプ GP-1F
  • アサヒリサーチ(Asahirisachi)
  • 価格   ¥ 22,921
  • 販売者 Amazon.co.jp

DRIVEMAN TW-1
アサヒリサーチの前後監視2カメラ対応製品、ノイズ対策にしろ駐車場監視対応時のバッテリーセーフ機能にしろ価格に見合う性能とは言えるでしょう。

Comtec HDR-102
手堅いMade in Japan製品、この価格帯としては必要十分以上な性能でお買い得です。

→ Yahoo!ショッピング売上第一位

Yupiteru DRY-ST3000P
ユーザーレビューも優秀なただただ手堅い製品、サービス機能や面白みを期待してはいけませんが、この価格帯としては頭一つ抜けた信頼性が売りです。

 

信頼性は担保したいが… C.P重視の中華製品派

信頼性重視ではあるけれど、やはりコスパも大事、というヒトが選ぶならズバリ、耐久性重視のアクションカメラで鍛えられて評価の高い中華メーカー製品です。

我が家のカングー用ドラレコに採用!

決めては前後2カメラで、特に「リアカメラの画質の良さ」でしょうか
なにかと”あおり運転”がウザいので「後方録画中」ステッカーとか貼りたかったもので… 後方ドライバーの表情もよくわかります。

apeman RB-C860-JP
中華製アクションカメラで絶大な指示を受けるapemanのフラッグシップ・前後2カメラ監視のドライブレコーダー。見てくれはシンプルながら光学6層ガラスレンズを採用、前後2カメラ共にFull HD対応など画質にもこだわりながらも1万円台中盤と凄いです。

apeman製品を見る

apeman C450
apemanのスタンダード・ドライブレコーダー。見てくれはアクションカメラ本体まんまなシンプルながら1200万画素-Full HD対応など基本性能もじゅうぶん過ぎて High C.Pと凄いです。

apeman製品を見る

一時期「サービス機能が充実したドライブレコーダー」というのも検討したことがありますが、そんなモデルに限ってトラブルも多いと笑えない状況だったりします。また「日本製」「ブランド・メーカー製」「高性能スペック」が虚しいほどあてにならないというのがユーザーレビューからも伺えるドライブレコーダーです。