欧州発売の日産NV250〜カングー兄弟車のスナップ詳細

"カングー" カテゴリー記事
  

既報のカングーOEM車、日産NV250
パワートレインには、ルノー製の1.5L直列4気筒ターボディーゼルエンジンで、最大出力は80hp、95hp、115hpの3バージョンを設定。燃費性能は80hp・95hp版が22.7km/L、115hp版が21.7km/Lと我が家的には羨ましい心臓を搭載します。

2019年9月から欧州での発売が発表されていますが、日本にやってくるかは未定

2種類のボディサイズ設定(実質的には3種)で、日本で販売されているカングーとボディー仕様が近い「コンビL1(乗車定員を5名)」と片側スライドドアの「パネルバンL1(乗車定員を2名)」が全長4280mm、日本未導入の通称グランカングーとボディー仕様が共通の「クルーキャブL2(乗車定員を4名※)」と「パネルバンL2(乗車定員を2名)」が全長4670mmという仕様です。
※ 最大4名が乗車できるシートと荷物スペース用のマルチポジションバルクヘッド装備

 

コンビL1(乗車定員を5名)




パネルバンL1・(乗車定員を2名)



クルーキャブL2・パネルバンL2(乗車定員を2名)




日本でこれらをベース車両に日産カスタムビルド店展開なんてやった方がよっぽど楽しいクルマ生活訴求になると思うのだが…

コメントを残す