歌に寄り添う記憶 1972〜ミュンヘンへの道

"歌に寄り添う記憶" カテゴリー記事
  

レコードプレイヤー(SL-10)が来てからというもの、暇をみつけては奥の方にしまい込んであった懐かしいレコードジャケットを眺めながら、A/D変換してパソコンに録音し直す作業をやっています。60年代のJAZZの銘盤なんかはたぶん、いまの方がしみじみ聴けるような気がします。

ただ記憶や思い出に寄り添って「懐かしい」と思えるのはやはり当時の音楽であって、洋楽ポップス、昭和流行歌やアニメソングの方だと言えるでしょうね。とりわけ思春期というのは、多かれ少なかれ自分を鼓舞してくれる自分の応援歌としての歌を欲したりするもんです。

そこでこの一枚。当時沸き上がったバレーボールブームの熱狂とメイクドラマの記憶をしっかり自分に残してくれている一枚です。

ミュンヘンへの道 〜アニメドキュメント主題歌:ハニー・ナイツ

1972年当時、ミュンヘン五輪を目指す全日本男子バレーボールチームの軌跡を実写とアニメを交えて描いたテレビ番組の主題歌です。

松平康隆監督率いるメンバー(1.南将之、2.猫田勝敏、3.中村祐造、4.西本哲雄、5.木村憲治、6.深尾吉英、7.野口泰弘、8.森田淳悟、9.横田忠義、10.大古誠司、11.佐藤哲夫、12.嶋岡健治、13.沼倉慶一、14.野口泰弘)にスポットを当てたドラマや、オリンピックの決戦兵器(視聴者にはそんな風に映ったと思います)として開発された「A,B,C,Dクイック」「時間差攻撃」「一人時間差攻撃」などの紹介をしていました。

現在のバレーボールのスタンダードはほとんどこの頃に開発されています。
いまでは当たり前になっているスポーツ界のメディア戦略ですが、アマチュア規定の厳しい当時としては、画期的なプロモーション活動でした。

ミュンヘン五輪が始まると全日本バレーボールチームは破竹の勢いで予選を突破していきました。(ルーマニア戦:3-0、キューバ戦:3-0、東ドイツ戦:3-0、ブラジル戦:3-0、西ドイツ戦:3-0)

しかし準決勝の体ブルガリア戦では、第1セット、第2セットを連続して落とす番狂わせが起こります。第3セット序盤もブルガリア優勢に進み、「あぁ…これは終わったなぁ」日本中の誰もがそう思ったはずです。

そして松平監督は主力の横田や大古に代え、南将之、中村祐造といったベテランを投入、ここから普通は起き得ない逆転劇が始まりました。
けっして派手な活躍ではなかった様にうっすら記憶していますが、かれらがコツコツ加点してゆき、第3セットを逆転! 息を吹き返したチームは続く第4,第5セットを連取し、後に奇跡の逆転劇と伝えられる激戦を制しました。

翌日の決勝戦対東ドイツとの再戦は第1セットこそ落とすものの、記憶に残らない位の順当勝ちで金メダルを奪取しました。

もし準決勝のブルガリア戦で負けていたら、こんなアニメドラマの記憶も消えていたかもしれませんし、感動のフィナーレを残すにふさわしい歌詞の内容にも違和感を覚えていたかもしれません。

コメントを残す