見知らぬ世界:牧葉ユミ〜GS凋落期に生まれた曲

"歌に寄り添う記憶" カテゴリー記事
  

GS(グループ・サウンズ)なるものに親しみを覚えている世代というのはたいそうな高齢になりつつありますが、1970年頃はGSの凋落期にあたって新しい世代の作詞家/作曲家が歌謡曲の方に流れてきました。

そしてこの一時期、GS風アレンジで歌われた曲には、なんとも形容しがたい味があります。いしだあゆみの「太陽は泣いている」(作詞:橋本淳/作曲:筒美京平)がそうであるように、牧葉ユミが歌った「見知らぬ世界」はスゥイング・ウェストのリードギターだった植田嘉靖の作詞・作曲によるものです。

牧葉ユミ_見知らぬ世界

スウィング・ウェスト時代のB面曲を歌った湯原昌幸のソロ:雨のバラードと同様 (作詞:こうじはるか 作曲:植田嘉靖)と記載されていますが、こうじはるかは植田嘉靖の作詞ペンネームであることは有名(?) 

ボーイッシュな牧葉ユミの歌う「見知らぬ世界」に登場する「僕」は、まるで牧葉ユミ自身であるかのようであり、その歌詞は男女どちらからのものとも受け取れるユニセックスな内容ですが、なぜかガリ勉くんのノートの端の落書きにも思えてしまいます。(笑)  

回転木馬 / 牧葉ユミ

「回転木馬」 作詞:片桐和子 作曲:ベンチャーズ 編曲:川口真

牧葉ユミ 冒険

「冒険」 作詞:北山修 作曲:加藤和彦

それぞれ当時の先端トレンドから楽曲提供を受けてたんですが….

コメントを残す