8時の空テーマソング1978〜切手のないおくりもの〜水越けいこ・田中星児

"歌に寄り添う記憶" カテゴリー記事
  

生き残っていた古いカセットテープを聞いていたら1970年代後半に朝の天気予報「8時の空」の音が残っておりました。

1978年の8時の空テーマソング、チューリップの財津和夫さん作詞・作曲による「切手のないおくりもの」です。いまでもいろんなヒトに歌い継がれるのは楽曲の素晴らしさはもちろん、NHKのみんなのうたや、朝からこの番組で繰り返し聴こえていた記憶によるところも大きいのでは…と思わずにいられません。

1978 切手のないおくりもの 財津和夫

現役合格した大学への進学を蹴って浪人生活をしていた頃、受験勉強に静かな場所を求めて県立図書館通いしておりました。そのお出かけチャイムになっていたのがこの朝の天気予報「8時の空」です。

水越けいこさんがシングルデビューしてからも耳に着いた勢いで80年代は欠かさずアルバムレコード買ってました…

水越けいこ TOUCH ME in the memory 1979

70年代後半から80年代は、ほぼジブンと同世代にあたる竹内まりあ、水越けいこ、上田知華がジブンのお気に入り女性アーティストTOP3だったように思います。

当時、顔立ちが水越けいこさん似の同級生がいてトロンとした目尻などそっくりだったのですが、先日10年ぶりにオンラインで再会してみると、半世紀近く時間が過ぎてもなお歳のとり方までよく似ておられました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。