激走2,800km! カングーでGW北海道遠征旅行その5〜暴風雨・気温6度だけれども「なんくるないさ」〜バイバイ北海道

"おでかけ" カテゴリー記事
  

~遠征旅行の5日目 5/4~

朝からけっこうに激しい雨、釧路湿原散策散歩は当然ムリで札幌にたどり着くのも危ぶまれるため、7時にお宿を出発。波浪警報・雷警報が出ている海岸線沿いの国道38号線、外気温表示は6度初日夏日だった美瑛町での31度に比べると温度差25度。おかげで二人とも調子が悪くつれあいは明らかに”風邪引きさん”です。

途中、山越えをして本別町から高速道路に乗る予定でしたが、どうやら本別-池田区間が風雨の影響で通行止め。一昨日予想よりは小型になった爆弾低気圧ですが、山越え途中に渡る小さな橋が押し流されそうな勢いの濁流でした。実際、後からニュースで相当な被害も出ていたらしいです。

しかしながらノンキな我が家のカングーは池田町から札幌に向けて高速道を淡々ドライブ。予定より1時間ほど早く到着できました。目的はこちら…

「水曜どうでしょう」グッズ販売の総本山、HTB本社
南平岸ユメミル工房HTBコーナーに「行ってみたい!」なんだって

ここのグッズ売り場にないものを求めて札幌中央区の地下街ポールタウンにあるHTBコーナーにも行きました。ひととおり気が済んだところで新千歳空港に向けて移動。残りのお土産調達のために右往左往してすっかり疲れちゃいました。

★北海道のお土産は新千歳空港でまとめて買いましょう。
名店と言われているトコロはほとんど入っているし、北海道の物産品はほとんど調達できます。新千歳空港のショップ・チェック

札幌市内を移動中、信号待ちで止まった交差点の斜向かいに…
30年前に初めて訪れたときにガッカリしたまんまの時計台でした。

 


より大きな地図で 5日目 釧路-帯広-札幌-苫小牧 を表示

帰りの21:15発フェリー便(苫小牧-八戸)が暴風雨による欠航を免れているのを事前にWEBでチェックしていたものの、実際のところは行って見なくちゃ解らないとヒヤヒヤものでしたが、乗船申請も開始されどうやら本州に向けて定刻どおり出港できました。この日は暴風雨の影響で出港直後から揺れる揺れる、船酔いしなかったものの船が転覆する夢まで見ちゃいました(笑)

帰りのフェリーは先月就航仕立てのバリバリの新造船「シルバープリンセス」他の就航船と何がいいって2等客室の扱いが全て座席指定で、ロッカー、マットレス付きですから、”陣取り合戦”の必要が無い!ということです。逆に寂しくなったのがレストランが実質的に無くなってしまったことでしょうか。

~遠征旅行の6日目 5/5~

八戸到着が少し遅れたものの、既に爆弾低気圧が過ぎた空は薄曇りの天気。東北を巡る時間的な余裕はあるものの二人の気力・体力ともに「早く我が家に帰りたい」を優先することを選択させていましたから、一路高速道路をさいたまに向けてひた走りです。おなじみ矢板インター近辺の渋滞には遭ったものの時間が早かったせいもあり、3時過ぎには我が家に到着できました。

今回の北海道遠征、全走行距離:2,852km、トータル燃費:7.1km/100km(14.1km/L)でした。
5日目まで7.0km/100kmをキープしてたんですが、帰りの東北道でついつい飛ばし過ぎて燃費落としちゃいました。80〜100km/hレンジでの走行をキープできたらさらに好燃費を期待できたと思います。


より大きな地図で 6日目 八戸-さいたま を表示

その日の夕食は冷凍食品の炒飯でしたが、口に入れてモグモグやってるそばから寝てしまい、ふっと目が覚めるとまだ口の中に炒飯が残っている、という疲労困憊具合でした。GWの残り1日は我が家でボーっと過ごしながら、このブログ記事を書いています。ホントにお疲れさまでした。

 

————————————————-

コメントを残す