ホントに人ごとではない痴漢冤罪〜間違えられたら、とりあえず逃走するしか手はないです

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

最近は”痴漢冤罪”という言葉がちゃんと世の中に認知されたせいか裁判判決で無罪を勝ち取るケースも増えていると聞きます。しかしながら法的にも、手続き的にも昔となんら変わっていないのが現状。電車内の身近で「キャー、痴漢!」なんて声を聞いたら身に覚えがなくても身構えておく必要があります。

このヒト痴漢です!」そんな言い掛かりを受けたら、とりあえず逃走するしか手はないです。義憤に燃えて正々堂々なコトは百害あって一利もありません。

痴漢冤罪を回避する対応注意事項まとめ

 [browsershot url=”http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/07/post_1958.html” width=”200″] 人ごとではない痴漢冤罪(えんざい)を防ぐには? | キャリア | マイナビニュース
 [browsershot url=”http://www.j-cast.com/2009/02/01034490.html” width=”200″] 電車の中で「痴漢です」! 叫ばれたらどうしたらいいのか弁護士・井上薫さんに聞く (1/5) : J-CASTニュース

ただやみくもに”逃走すればいい”わけではないということ。
厚顔無恥、詐欺師、冷血漢ばりに冷静な対応が必要ということです。
そんな逃走現場でイチバンの敵、というより迷惑な障害物は周囲に乗り合わせているやもしれない社会正義に燃える熱血坊やであろうことは言うまでもありません。

いちど問答のシュミレーションくらいしておいた方がいいでしょうね。埼京線通勤のお父さんは必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。