加須のうどん屋さん〜讃岐育ちの連れあいも太鼓判押すお店

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

埼玉県加須は世間でも知られるようになった「うどんの町」ですが(例外に漏れずどの店で食べてもおいしいというわけではありません)、そのなかでうどんにうるさい讃岐育ちの連れあいが太鼓判を押すお店があります。

なにしろ月に2回以上は30分のドライブを惜しまず通ってるお店です。
上記のマップの下端に位置するお店で、線路の踏切脇になります。 「久下屋脩兵衛 」さんです。 うどんの腰の強さは、武蔵野うどんのようにガチガチでなく、もっちりした触感も含めて讃岐風です。(グルメリポートは検索してみてくださいね) 加えてここは汁の旨味が絶品です。※

さらに天ぷらの衣がサクサクで、衣自体の小麦の味がおいしいんです。 お勧めは「天せいろうどん」「鴨汁うどん」、ちょっと寒くなってくるこの季節からは「鴨煮掛けうどん」と 、なんと言っても具材どっさりの「鍋焼きうどん」

※2015:代替わりで鍋焼きうどんでは先代にあった”玄妙な”味わいが消えてしまった気がします。しかしながら、それでもなお美味い範疇の汁には違いありません。

大きな海老天、おもち、落とし卵、肉厚どんこ、鶏肉、
かまぼこ、ネギ、お麩、タケノコ、青物

これだけでお腹いっぱい、1100円のお値打ち品です。
是非いちどご賞味あれ!

コメントを残す