馬鹿が過ぎるとこうなる2〜岩手県議自殺報道〜誰でもこうなるわけではない

  

馬鹿は日常的にどこにでも居て、誰にでも馬鹿の素養は宿っていて、馬鹿はのうのうとモノ言う輩だったりするもんです。

果たしてこの事件で馬鹿が過ぎたのはいったい誰だったのだろう、と考えさせられたりします。


萩谷順 – Wikipedia

病院批判ブログの岩手県議自殺!死に追いやったのは匿名ネットかマスコミ記事か

ブログで病院批判を展開して批判を浴びた岩手県議が死亡(自殺と見られるという)したニュースを受けて、番組コメンテイターで法政大学教授の萩谷順はこう言う。
「県議が亡くなるまでは、発信者としての県議の失態が言われたが、こういう事態になると、今度はブログを炎上させた人たち、それぞれに責任はないが、非常にたくさんの人たちが批判を集中させたことが大きな原因となって、県議は命を絶ったのかもしれない。匿名の批判というものが、実名を出して意見を述べている人に対して行われた場合にどういうことが起きるか。私の知人でも、それ(匿名の批判)がイヤで実名ブログをやめたという人がいる。今回の事態を引き起こしてしまったネットの怖さをわれわれは考える必要がある」

しかし、今回の事態を「ネットが引き起こした」、つまりは匿名ネットが人を死に追いやった的なケースと見るのが妥当かどうかははなはだ疑問だ。なにしろ、県議のブログはマスコミでも取り上げられ批判されたのではなかったか。県議にしても、得体が知れない一部の匿名ネットで炎上したことよりは、信頼できるマスコミの手で事件がマスに拡散したことのほうがショックだったかもしれない。  J-CAST 記事抜粋

誰でもときどきは「馬鹿が過ぎていないか?」と自問してみましょう。

コメントを残す