甲状腺機能亢進症〜アイソトープ治療から1年と半年、体調すこぶる良し!

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

正体不明のかったるい病が、正式に「甲状腺機能亢進症」と判明してからは、投薬のおかげで「絶不調」からは脱することができたんですが、体調に波があったり、投薬の副作用で睡眠中に全身のどこかが急に痙ったり、味覚が変化したりと、不安定な体調が続いていたので一昨年,7月にアイソトープ治療に踏み切りました。

治療直後から効果があったわけではないですが、数ヶ月後には実際に体調改善を実感できるようになりました。血液検査結果はいったりきたりでしたが、体調に問題なかったので、昨年夏から投薬ストップ! 現在まで亢進症に逆戻りするでもなく、行き過ぎることもなく、体調はすこぶる良し!です。 (おかげで通院はすっぽかしてます 笑)

「こんなにアイソトープ治療が効果があるんだから…」と、むやみ手放しにお奨めするのは違うんだろうなぁと思いますが、長い投薬に苦しんでおられる方は、検討してみてください。

コメントを残す