我が母校〜なんだかな〜職業能力開発総合大学校 2

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

2年前に冗談半分、本気半分にお勧めした我が母校を受験した知り合いの息子さんは、めでたく合格して今は2年生。 寮生活(と言っても全室個室!)なので、講義開始10分前まで寝ていられる生活を送っているらしい。

いちばん驚いたのは女子も入寮できること。30年前の4人部屋のむさ苦しさとは無縁だとは思っていましたが、遙かに快適な様子なのです。存続に世間が騒がしいせいか、この2年で学科統合が進み新規募集では4学科120名に縮小されています。沿革をたどってみると

昭和36(1961)年4月
東京都小平市に「中央職業訓練所」として設立 8科定員80名 
鍛造鋳造科、機械科、板金溶接科、第1電気科、第2電気科、運輸装置科、木材加工科、塗装科
昭和40(1965)年2月
職業訓練大学校」に改称  昭和48(1973)年10月に現在の神奈川県相模原市に移転 
平成元(1989)年4月
8工学科に再編
産業機械工学科、生産機械工学科、電気工学科、電子工学科、情報工学科、建築工学科、造形工学科、福祉工学科
平成3(1991)年12月
学位(学士、修士)の授与にかかる課程として認定される
平成5(1993)年4月
職業能力開発大学校」に改称

….このあたりまではおもしろそうな展開をしてきたみたいだけど、世間が騒ぎ出して….

平成11(1999)年4月
職業能力開発大学校、研修研究センター及び東京職業能力開発短期大学校を統合し、「職 業能力開発総合大学校」を設立、それぞれ「職業能力開発総合大学校」、「能力開発研究センター」及び「職業能力開発総合大学校東京校」に改称、また応用研 究課程応用研究科(総合大)、応用課程(東京校)を新設
平成16(2004)年4月
7工学科に再編、
精密機械システム工学科、機械制御システム工学科、電気システム工学科、電子システム工学科、情報システム工学科、通信システム工学科、建築システム工学科
平成21(2009年)4月
4工学科に再編、
機械システム工学科、電気システム工学科、電子情報システム工学科、建築システム工学科

これだけ見ると尻すぼみに縮小しているように見えますが、独立行政法人雇用・能力開発機構は、東京校なる分家大学校を拡張したり、各地の短期大学校(10ヶ所)を「職業能力開発大学校」に底上げして分散型拡大を行っています。

名称 職業能力開発総合大学校 職業能力開発総合大学校東京校
所在地 神奈川県相模原市 東京都小平市
目的 職業訓練指導員の養成を目的として設置された大学校です。 地域の産業界のリーダーとなれる、高度実践技術者(テクニシャン・エンジニア)の育成を行う大学校です。
学科 <長期課程>
機械システム工学科
電気システム工学科
電子情報システム工学科
建築システム工学科
<専門課程>
生産技術科
制御技術科
電子技術科
住居環境科
建築科
インテリア科
環境化学科
産業デザイン科
情報技術科
電子情報技術科
環境化学科

<応用課程>
建築施工システム技術科
生産情報システム技術科
生産電子システム技術科
生産機械システム技術科

費用 授業料は年額535,800円
入学金は282,000円(平成21年度現行)
2年生から、授業料免除の制度もあります。
授業料以外に、教科書、実習服等の経費が必要です(科平均 年50,000円)。
奨学金制度として技能者育成資金制度があります。
自宅通学生の場合は月額42,000円
自宅外通学生の場合は月額49,600円遠方からの学生にはキャンパス内に全室個室の学生寮も設置しています。
186,000円(年額)(電気・上下水道料・寄宿舎使用料・共益費含む。)
※平成20年度実績
食事 1日3食(朝・昼・夕)、月約25,250円、自炊禁止
入学金は169,200円
授業料は年額390,000円(平成21年度予定)
奨学金制度もあります。
自宅通学生の場合は月額42,000円
自宅外通学生の場合は月額49,600円遠方からの学生にはキャンパス内に全室個室の学生寮も設置しています。
就職 ほぼ100%
民間企業への就職:60%強
修士課程への進学:15%強
公務員、団体等への就職:?
職業訓練指導員就職:10〜20% ?
「ほぼ100%です」

まとめ

  • この貧困不況化で超格安修士課程受講、おまけに就職100%保証という希有な存在は◎
  • 「職業訓練指導員の養成を目的」という設立趣旨はお題目に過ぎません。「厚労省や能力開発機構の天下り確保のための職業訓練校増殖肥大に職業訓練指導員の養成名目が一役買ってる」ともとれる状況では税金投入の是非を問われて当然です。
  • 高度実践技術者の育成を行う」東京校の謳い文句が、いまの世相・政権が掲げる”人づくり”に合致しそうで、厚労省や能力開発機構の次の野望でもあるのでしょう。 〜悪くはないと思う、さっさと趣旨換えすればいいのに〜
  • おもしろさを求める向きには職業能力開発総合大学校東京校の方をお勧めします。 本校の方にはもはや昔のゆるさや遊びを許す優雅さはないような気がします。(切り捨て方向に舵取りされた?)

 

“我が母校〜なんだかな〜職業能力開発総合大学校 2” への1件の返信

  1. この記事にコメントをいただいた方向けに、一部の人から執拗な中傷が入るので、全てのコメント記事を削除しました。

コメントを残す