ヨーロッパの人も解ってらっしゃる… 〜 LEXUS CT-200h のデザインセンス

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

今月ジュネーブモーターショーで詳細が発表されたハイブリッドだけが話題の「Lexus CT200h」 いやぁ…酷いですね…あくまで主観ですが。


なんだか間延びしてるサイドビュー、テールエンドはとってつけたように見える。


空力のため…って一昔前の暴走族御用達ショップのパーツ然としてます。


プリウス譲りのお尻…何故か安物家電の一体成形品に見えてしまいます。

もともとトヨタが作るモノはおかしい…と思ってる自分なので、今回もかなりバイアスかかったモノの見方をしてるんだろうなぁ、と思ったりします。ヨーロッパの人の眼にはどんなに映ってるんだろう、といろいろWEBを見て回りますがなにしろ英語も危うい人ですので、各国語のニュースソースを読んでもねぇ…。けど、なにやらデザインアンケートをとったらしい記事を見つけました。

5段階評価で、369人の人がデザインについてアンケート回答しています。 これは「1」が「最高!」なんでしょうか。 ワタシは★ひとつのことだと思うんですが…

“ヨーロッパの人も解ってらっしゃる… 〜 LEXUS CT-200h のデザインセンス” への2件の返信

  1. 8割の人が駄目出ししたということ、それにしても極端な傾向。これはチェコ(?)のモーター市場だからでしょうかね。

  2. 昔のきじにコメントすみません。
    1が最良で、5が最悪ですね。中央ヨーロッパから西ヨーロッパは。
    ロシアとかロシアの影響のある国だと1が悪くて5が最高なのですが…
    人はなかなか最悪の評価をつける物ではないから、これはこういう結果なのでしょう。
    欧州にひしめく高級ブランドの猿真似と言われないように、しかも、
    今までのデザインの文脈を踏襲して、新機軸を打ち出す、というのは
    本当に難しいことだと思います。
    トヨタはそれでもよくやっていると思いますよ。
    欧州だと関税も10%という酷い税率を課せられるわけですし…

コメントを残す