日中開戦 5日で敗北〜米国シンクタンクの警告〜Foreign Policy・RAND Corporation

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

米国シンクタンクのランド研究所がシュミレーションした「尖閣諸島有事〜日中開戦」の顛末が米国外交誌:Foreign Policyに「How FP Stumbled Into a War With China — and Lost」として掲載されています。

jmsdfddg

ジブンよりずっとまともな解説が「日中開戦「僅か5日」で敗北、米国は尖閣を見捨てる -渡瀬 裕哉」にありましたのでご紹介です。

 
<1日目> 日本の極右が尖閣諸島に日本国旗を立てたことに対し、中国が艦船を派遣して日本の活動家を拘束する。

<2日目> 日本は艦船と戦闘機を尖閣諸島に派遣。日本は日米同盟の履行を求め、米国は日本本土防衛への支援と日本沿岸への潜水艦の派遣。

<3日目> 衝突発生後、中国の艦船が日本の艦船2隻を撃沈、米国潜水艦も中国の駆逐艦2隻を撃沈、死者数百名に。

<4日目> 中国のサイバー攻撃によって、カリフォルニアの送電システムが被害を受けてロサンゼルスとサンフランシスコが大停電、ナスダックのシステムが操作されて金融パニック発生。中国のミサイル攻撃で自衛隊は深刻な打撃を受ける。

<5日目> 中国は日本の海上兵力の20%を掃討し、日本の経済的な中心地に狙いを定める。米国は日本からの中国船に対する攻撃依頼を拒否、代わりに自衛隊の撤退を支援。中国は勝利宣言を実施。

 

 

日本の軍事オタクが語るような「練度の高さ、最新兵器のアドバンテージ、日米同盟連合で日本勝利!」みたいな筋書きは一切ありません。実際、開戦の覚悟も出来ないまま政府が右往左往している間に自衛隊全滅、みたいな絵面の方がしっくりきます。

中国は勝利宣言の後始末で損か得かの筋書きをず〜と考えてると思います。

———————