スメルハラスメント〜女性は自分を正当化することをためらわない

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

我が家はニオイにはかなりウルサイ方だと思います。「スモーカーのくせに云々ぬかすな」とか言われそうですが、とりわけウチのつれあいの嗅覚は並外れて鋭いと言うか、脳内ブースターが備わっているのかニオイの許容レベルが著しく低くて人混みを歩くのさえ苦手、デパート一階の化粧品売場は悪臭の溜まり場と称し、菜の花畑ではむせかえるを越えて鼻の奥が痛いを連発することも…

ニオイの感度や趣向、許容量は千差万別で、嗅覚鋭いヒトでも自宅の生活臭は自動キャンセルされるし、香草パクチーのようにYES/NOが明確に別れるようなニオイ、特定のヒトにしか解らないニオイ、というように目に見えないやっかいな問題がニオイであります。

スメルハラスメントの対象は男性という設定のCM
実際こんなシチュエーションだと男性の方こそもっと臭いニオイに耐えてる気もするし
”臭いくさい”と騒ぎ立てる女性達こそハラスメントの対象な気がします

スメルハラスメント(wiki)

スメルハラスメントはどっちだ

そもそもファブリーズが悪臭の元になる、という我が家の見解
無臭消臭を望むなら次亜塩素酸水をオススメします。

東京勤めだった20年以上前からタバコを吸う場所は選ぶようになったし、禁煙補助薬「チャンピックス」で煙のニオイの拡散範囲や不快さを擬似体験してからは特に気を使うようになりました。そうなると女性の香水やファンデーション、もろもろが理不尽に撒き散らされる不快はどうなんだ、と文句も言いたくなるモンですが、まぁそれは我慢、エレベーターの中では息を止めればやり過ごせるし…

スメルハラスメントはどいつだ2

Downy登場以来、悪臭拡散剤はなくならないし
スメルハラスメント対象者は街中にあふれております
(あくまで我が家の見解に過ぎません)

香水きつめの女性が空気清浄機なるモノを各部屋に設置している。主たる目的は部屋の粉塵対策かPM2.5対策なのかなぁ、と思って聞いたことがあるんですがよくよく聞けば ”ニオイ対策”の比重がけっこう高い。そんなヒトは粉塵・ニオイ対策の比重が大きいなら空気脱臭機を選択することをオススメしたいです。

ウチのつれあいの基準で「あの女の香水、くさい、鼻痛い!」とか騒いでも相手は嫌がらせを受けたと思うか「失礼!」とかガミガミ噛みつかれそうでそんな女性は、街中にけっこういたりします。もちろん同じくらい加齢臭や香水プンプンな男性もいるわけですが、文句を言われることに慣れていない女性の反撃は苛烈に成りがちです。

私はクサくない、あんたがクサイ

たいていの場合、女性は自分を正当化することをためらわないです。

だけどアンタくさいよ 誰も言わないだけだよ

やっかいな問題です

 

コメントを残す