KLX250 彼方に消えた夢〜オークションGETせよ!

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

「Kawasaki KLX250」というと、オフロードバイク乗りには既にポピュラーなモデルですが、私にとっての「Kawasaki KLX250」とは全く違う乗り物です。

学生の頃、北多摩モータースにお願いして初ロットの「Kawasaki KL250」を発売日前に取ってもらい、キャブ/カム/エグゾースト系を輸出仕様のKLX用に変更、XR系ハイスロットにマーレーのワンオフピストンで275ccにボアアップ、KX250(1978)のポリタン/フェンダーとKX80(1978)サイドカバーで外装カスタムした車両に乗っておりました。当時はそれでも輸出仕様のKLX250は買えないくらい高価(800,000円位)でした。

国内に現存する車両は数台でしょうか、希に逆輸入された車両をオークションでみかけますが、既に30年経過したものです。程度云々以前の状態のものばかり…でしたが、先日ニュージーランドのオークションで奇跡的にコンディションのいいものを発見! 

ハタと、落札したら搬送業者と輸入手続きを手配しなきゃならんな…と気づき、いろいろな方面に問い合わせをして、出品者のオークランドまで車両引取・梱包・輸出手続きまでやってくれる現地法人を見つけました。費用は円高メリットを加味しても約160,000円、これに(ナンバー取得は後回しとして)通関・運送費用が約70,000円を加えた、230,000円の諸経費がかかります。結果から言うとオークション落札までにこれらの確認がとれず、参加すらできませんでした….残念 落札価格:950ドル、1200ドル程度まで競って落札したとしたら、経費含めて約400,000円の買い物だったということですね。(高い安いの問題ではありません)

初期モデルの「Kawasaki KLX250」は、1978年に参考出品された輸出専用モデル(1978/KX125ベースにKL250エンジンを搭載したもの)

が始まりで、リヤスイングアーム/サスペンションを1978/KDX400用、ガスタンクを1979/KX250用から流用して再設計され、翌1979年に正式発表されました。
〜KLX250A1

1980年にはタンクロゴの変更と一部小変更を受けて1982年まで販売されました。〜KLX250A2/B1 ※B1モデルは、A2モデルのフレーム・リヤエンドを延長してリヤバッグ、KDXタイプのフェンダーを装備したモデルで、非USモデル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。