日々の雑感〜都道府県別魅力度ランキング2017〜大都市と観光地への憧憬にすぎないのでは?

  

正式には「地域ブランド調査2017 都道府県ランキング」と言い、ブランド総合研究所というコンサルティング会社の独自調査結果を毎年発表しているモノらしい。”おらが街”埼玉県が44位という結果については「さもありなん」くらいの気はしますが、こんなのは田舎者の大都市への漠然とした憧れと都会暮らしのノンサバイバーがお気楽に自然豊かな観光地いいわぁとか言ってる結果にすぎないのでは?と身も蓋もなく考えるジブンです。風評流してなんぼなブランド・コンサルティング会社がやってるイベントなんだからこれくらいは当たり前なんでしょうが、そんな風評ランキングをおもしろおかしく揶揄しているうちはいいんですが…

 

◆調査項目◆
本調査は、1000市区町村および47都道府県を対象に消費者からの評価を明らかにしたもの。
構成と調査項目は以下の通り。

①外から視点の評価 【計78項目、1000市区町村および47都道府県】
認知度
魅力度
情報接触度
情報接触経路(ドラマや映画、ポスターやチラシなど)【14項目】
情報接触コンテンツ(「ご当地キャラクター」など【10項目】
地域イメージ(歴史・文化の地域、スポーツの地域など)【14項目】
地域資源評価(海・山・川・湖などの自然が豊かなど)【16項目】
居住意欲度
訪問目的(「行楽・観光のため」など)【16項目】
観光意欲度
産品購入意欲度【2015より新規設問】
食品想起率※
食品以外想起率※

②内から視点の評価【計26項目、47都道府県のみ】
愛着度
自慢度
自慢要因(「地元産の食材が豊富なこと」など)【24項目】

 

我が家的には…
正直なトコロ埼玉県には全国向けにブランディング出来るような場所もイベントもございません、と思っているので44位と言われても「さもありなん」です。ただ住みにくい場所ではありません。さいたま市なんかガチャガチャ世話しない東京都心まで電車で小一時間、田舎と都心の挾間で結構お気楽に田舎ほど不自由せず天変地異に無縁で、都会ほど喧騒にまみれることなくゆったり生活出来て地方へのアクセスも担保できる立地であります。

ブランド的には…
北海道が第一位なのは大いに共感するところですが「故郷は遠きに有りて想うもの」のとおり、春や秋に爆弾低気圧、冬に氷点下の大雪に見舞われる自然の中で、病院まで100kmの道のりをクルマで走る勇気は、お気楽暮らしに慣れた持病持ちの我が家にはありません。

 

 

コメントを残す