auひかり〜言わなきゃ損!プロバイダー料金値下げ交渉〜料金お得になりますよ

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

過去には「プロバイダ乗り換えの勧め〜不況時代のひと手間」と定期的にプロバイダと回線(「auひかり」「NTT光」「NURO光」の3種回線)を切り替えて回線接続費用を節約していたのですが、最近はどうにも面倒くさいが先走って回線のお引越しをしてません。契約縛りが3年になって退会違約金も値上がってしまったせいもありおいそれ引っ越しすることも難しくなっております。更に言えば6年前初期の「NURO光」では接続トラブルが頻繁に発生したこともあり今でもTV-CM睨みながら「ダマされないぞぉ」とつぶやくほど後悔したものだから。

「天下のSONYが2度も間違えないだろう…」と思われる方は、下記での契約がお得です

我が家と言えば…現在、auひかり回線をプロバイダBIGLOBで利用しているワケですが、あるときJ:COMインターネットが全く同じauひかり回線でのサービスを始めたので、利用試算してみると有線TV回線なんかとの合算でけっこう安くなることが判明。さっそく現行回線からの引っ越しを画策してみました。

J:COMインターネット・キャンペーンなのだが…

auひかりに退会連絡…の顛末

無料電話窓口で「退会したい」旨、担当者に伝えると、本人確認とひととおりの事情聴取に引き止め工作など ”本気で退会するつもりか”を伺いながら、最後の手段とばかりに…

「このままご利用いただけるなら30,000円差し上げます」と切り出されました。もちろん3ヶ月継続が確認されたあとの手続きにはなるとの注釈付きですが…

とりあえす退会手続きは引っ込めて、30,000円のキャッシュバック手続きを了承、もしも後日退会手続きに進んでもペナルティーにはならないのを確認しました。

 

BIGLOBEに退会連絡…の顛末

無料電話窓口で「退会したい」旨、担当者に伝えると、本人確認とひととおりの事情聴取に引き止め工作など ”本気で退会するつもりか”を伺いながら、最後の手段とばかりに…

「このままご利用いただけるなら24ヶ月、月額1,000円(税込)割引します」と切り出されました。翌月からの適用になるとのこと。

とりあえす退会手続きは引っ込めて、月額1.000円割引の手続きをしてもらうことに、もしも後日退会手続きに進んでもペナルティーにはならないのを確認しました。

 

顛末としては…

もともとJ:COMの【QUOカードプレゼントキャンペーン(加入特典)について】という注記にふた周りほど小さな文字で
※ 一部auひかりからのお切り替えは適用対象外となります。
を見つけていたので実際の引っ越しにはどうにもモチベーション低めではありましたが、結果的には「継続ボーナス30,000円」+「24ヶ月継続値下げ1,000円」の収穫がありました。

スマホでもそうですが、メジャーな回線事業者には「継続させるための引き止め施策」を予算化しているので、やめる気が無くても「退会したい」で料金お得になりますから、一手間掛けてみる価値はあります。

【主要インターネット回線業者の解約申込窓口】
※各回線ごとのプロバイダの解約申込は別途調べてみてください。

 
解約申込窓口
NTT東日本 フレッツ光
0120-116-116
(年末年始以外9:00~17:00)
NTT西日本 フレッツ光
ソフトバンク光
186+0800-111-2009
(年中無休10:00~19:00)
NURO光
Webもしくはチャットで退会
OCN光
Webで退会
ビッグローブ光
マイページから退会
@nifty光
マイページでから退会
Yahoo! BB
186+0120-981-030
(年中無休10:00~19:00)

Webで退会
auひかり
0077-777(年中無休9:00~20:00)
繋がらないときは0120-22-0077(年中無休9:00~20:00)

 

 

 

コメントを残す