auひかり回線のプロバイダ変更で伸び々になっていた、ソフトバンクの家庭内基地局フェムトセル設置しました〜謎の設置工事の顛末

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

5月10日にやらねばならないこと 〜 ソフトバンク自宅用基地局無料提供」から紆余曲折、一時は放棄したホームアンテナ設置ですが、震災以降1階リビングの受信感度がなぜか著しく悪くなったので、やっぱり設置することに。本日その設置工事おこなってもらい、ソフトバンクのアナウンスどおりauひかりのブロードバンド回線でも使えました。

YahooBBだと送られてくるフェムトセルをBBルーターにユーザーが接続するだけで使えるのに、他回線業者を使っている場合は「設置工事」が必要なんだとか。試しにauひかりルーターに送られてきたフェムトセルを接続してみたのだが使えない… 果たして「設置工事」でなにをするんだろう。

その「設置工事」のために今日のお仕事はお休みです。結果的には30分足らずであっさり「設置工事」は完了したのですが、工事手順はこうです。

1) 送られてきたフェムトセルを梱包から出して、auひかりルーターに接続(ウチでは既に接続済みでした)
 
2) 送られてきたフェムトセルに同梱してあったシールに記載の申請番号(?)をソフトバンクに電話して「接続お願いします」と告げる。(接続確認まで20分位かかる、プロバイダによっては1日くらいかかることもあるらしい)
 
3) 電話のモジュラージャックを介してフェムトセルを10cm足らずのワイヤーで結ぶ。実効性は全くないが「家庭内基地局」を移動させないお役所の決め事に準じた処置…ホントに馬鹿馬鹿しい
電話のモジュラージャック(壁についているRSコンポーネンツなどで市販されている部品)がそんなに都合のいい場所にあるハズない。でも工事業者さんはオトナの対応を心得ているので問題なく終了
 
4) 20分後、正常接続のランプ点灯確認、実際に通話試験(※2610発信でフェムトセル経由を確認)して設置工事完了
 この「設置工事」のお仕事にどれくらいソフトバンクはお金を払ってるんだろ? 実に楽ちんなお仕事で素敵に思える。工事業者さんには不遜な思いはないですが、携帯電話料金にハネ返ると思うと<無駄じゃないか?>ですよ。

 

“auひかり回線のプロバイダ変更で伸び々になっていた、ソフトバンクの家庭内基地局フェムトセル設置しました〜謎の設置工事の顛末” への1件の返信

コメントを残す