給湯器の交換を考える〜エコジョーズ、エコキュートはホントにお得なのだろうか?〜我が家の結論

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

我が家が建ってそろそろ17年、エアコンとか給湯器とか”10年を目安に更新”と言われる耐久消費財はとっくに交換時期を過ぎ、エアコンなんかは稼働率の高い半分をここ数年で更新しました。最近「給湯器の温度が昔ほど上がらない」とウチのつれあいが言い出したのでそろそろかな、とか考えておりますが、実際にトラブルが発生したワケでもなく、蛇口をひねって30秒以内に温水供給が確認されているので、なかなか交換するまで踏ん切れません。

給湯器メーカーは変更可能

”エアコンと違って給湯器はメーカー変更が難しい”のではないか、とか思っておりましたら「床暖房等の拡張とか連動していなければ原則メーカー違いの交換OK」なんだそうです。住宅によってはハイブリッド・オール電化みたいなトコもあるので、業者相談は必須です。

エコジョーズはホントにお得なのか?

最近の給湯器には、”一般型”と”エコジョーズ型”、”オート”と”フルオート”の種類があります。このうち”フルオート”は便利そうですが大きなお世話機能でエコですらないので(我が家には)必要ありません。”追い焚き”さえ付いていれば全く問題無し。問題は”エコジョーズ”型にするかどうか…能書きは理解出来ましたが熱効率で20%くらい向上してもガス代は大して変わりそうもありません…仮に2割方ガス料金を節約出来るとして”一般型”との販売実質差額(2〜4万円)を回収するのに3〜5年なのでじゅうぶん元が取れそうな気はしますが…

実際、最近はエコジョーズが主流らしいですが、メンテナンスが必須で「修理費用と故障率が高い」とか言われると旧態然な”一般型”の安心感を選択したくなります。

 

エコキュートはホントにお得なのか?

30〜40万円の投資になるエコキュート「安い電気をお湯を沸かす」理屈くらいは知っておりますが、果たして投資回収出来るものやら疑問でもあります。まず我が家のガス(都市ガス)料金は通年平均で4.000円くらい

この時点で投資回収に10年くらい掛かる感じだしいろいろ調べるとヒートポンプの耐久性に疑問はつのり低周波騒音の心配もしなくちゃならず、そもそも太陽光パネル含めたオール電化設計でないとお得にはなり得ない感じです。付け焼き刃的に導入すると後悔だけ残りそうなので我が家では却下です。

 

結局の我が家の選択

結論的には相見積もりとってキャンペーン価格でイチバン安いメーカーの「追い焚き付きの一般型・オート」の給湯器に更新することにしました。

こういう情報はありがたいです。家電品と違って”買ったら終わり”なお付き合いで済まないこともあるので…

いまならRinnai製「追い焚き付きの一般型・オート」20号サイズ〜最安値コミコミ10万円也…それにしても冒頭どおり「実際にトラブルが発生したワケでもなく、蛇口をひねって30秒以内に温水供給が確認されているので、なかなか交換するまで踏ん切れません」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。