北海道冬に逆戻りオホーツク海側で積雪〜やっぱりGWの北海道はスタッドレスです

"最近の出来事" カテゴリー記事
  

北海道から帰って1週間、やっとスタッドレスから夏タイヤに履き替えました。(ディーラーにてホイルバランス調整キャンセルで税込み2,100円でした。意外と安いです)
「北海道でもゴールデンウィークにスタッドレスは要らないんじゃない?」とか言うヒトもいましたが、ネットの過去ログを見ると積雪履歴の記載が見つかったので「転ばぬ先の杖」でスタッドレスのままGWは北海道遠征(実際には必要なかったんですが)しました。しかしながら先日のニュースで

北海道冬に逆戻り 北見市で雪
5月11日16時24分

11日の北海道は、オホーツク海側や北部を中心に冬に逆戻りしたような寒さとなり、北見市では雪が降りました。
北海道は、12日にかけてオホーツク海側を中心に雪が降る見込みで、12日昼までに降る雪の量は、オホーツク海側や日本海側北部の山間部などの多いところで10センチから5センチと予想されています。

札幌管区気象台によりますと、三陸沖にある低気圧が北上し、北海道の上空に冷たい空気が流れ込んでいます。
このため、11日の北海道はオホーツク海側や北部を中心に冬に逆戻りしたような寒さとなり、北見市内では、早朝、木の枝にうっすらと白い雪が積もりました。
11日朝の最低気温は、遠軽町白滝で氷点下1度3分、西興部村や滝上町などで0度1分、枝幸町歌登で0度4分、北見市で1度2分などとなっています。
北海道は、12日にかけてオホーツク海側を中心に雪が降る見込みで、12日昼までに降る雪の量は、オホーツク海側や日本海側北部の山間部などの多いところで10センチから5センチと予想されています。
また、気温の低い状態も続く見込みで、気象台は、車の運転や農作物の管理などに注意するよう呼びかけています。

  NHK NEWSWEB

 

やっぱりGWの北海道はスタッドレスでおでかけください