千葉房総沖で大地震発生の予兆?〜「東北地方太平洋沖地震発生前に見られたゆっくりすべりの伝播」

  

年明けから「通常とは異なる地殻変動」が千葉県沖でが起きているらしい。

千葉県 最新30日間 の震央分布図

ともすれば東北大地震のことは風化しそうで、首都圏大地震の懸念にもすっかり慣れっこになった昨今ですが、確実に不穏な状況変化は進んでいます。

今回の千葉県房総沖の変調が「次の大地震は房総沖で発生する? 前兆「ゆっくり滑り」が起きていた(J-cast)」としてニュース配信されており、「東北地方太平洋沖地震発生前に見られたゆっくりすべりの伝播」 研究に由来すると言います。

 

コメントを残す