さいたま市の新型コロナ感染状況〜陽性率40%超で爆発的感染進行の可能性

"さいたま" カテゴリー記事
  

東京で5000人超の感染を記録すれば、埼玉県で1000人を超える感染者が出ても不思議ではありませんが…. さいたま市に限定して見てみると感染者数自体は300人ほどで、少なくない数字ではありますが….非常に危惧するのはPCR検査の「陽性率」が直近では43%と東京都や埼玉県平均の2.5倍も高く、見かけ上の感染者数を遥かに超える潜在感染が進行している可能性です※

※WHOは、感染がコントロールできているかを判断する指針として「陽性率5%未満が少なくとも2週間続くこと」としている。5%を超える状態は、検査件数が少なすぎるか、市中感染が想定より進んでいるということを示す。

さいたま市の新型コロナ感染状況

https://www.city.saitama.jp/002/001/008/006/013/001/p070442.html

 

埼玉県の新型コロナ感染状況

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/shingatacoronavirus.html

埼玉県の感染入院患者数の推移

 

感染者数1000人超えの横浜市(人口比感染者は同程度)でさえ陽性率は26%程度だが、人工が同程度の川崎市で陽性率が40%超と急拡大の可能性があります。

以前から「野戦病院」が必要だと書いてきましたが、やっとTVニュースでも「野戦病院」を連呼するキャスターが出てきました。さいたま市の病床率自体はまだ余力があるような発表になっていますが、実際には自宅療養が2000人超で実態としての状況は混沌としてます。さいたまスーパーアリーナ丸ごと野戦病院体制にするくらい考えてもいいんじゃなかろうか、と切に思ったりします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。