埼玉県外出自粛等関連事業者協力支援金と月次支援金の関係

"さいたま" カテゴリー記事
  

申請のお手伝いをした客先会社の月次支援金5月分(6月申請、6月末修正再申請分)がやっと「お振込手続き中」に変わったそうです。修正再申請もあって2ヶ月くらい掛かったことになります。月次支援金が降りることになったトコロでやっと埼玉県外出自粛等関連事業者協力支援金の申請ができます…しかしながら…月次支援金申請のお手伝いをした客先会社4社のうち、埼玉県外出自粛等関連事業者協力支援金に申請できるのは2社だけでした。

埼玉県外出自粛等関連事業者協力支援金がもらえるのは、
月次支援金で満額(中小法人等:20万円、個人事業者等:10万円)支給されたトコロだけです。

https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/200177/uriage-kakunin.pdf

月次支援金とは別枠で支援金が埼玉県から支給される…とも取れるような書き方なんですが、実際には月次支援金の支給算定上限を(中小法人等:25万円、個人事業者等:12.5万円)と考えた場合の差額を埼玉県で支給する、という感じなので、売上が50%以上減っていても、基準月に比べて月次売上が20万円以上減っていないトコロはもらえません。

申請のお手伝いをした客先会社のうち「もらえない」2社の方に「申請できない」というワケではないが….骨折り損になると納得してもらうのに5〜6分掛かりました。「はじめから月次支援金を25万円にしとけば無駄無いのに…」と言われる方の言い分ごもっともですが、なにせ縦割り行政、なおかつ地方行政の財政、裁量で決まってるものなので、日本全国公平な扱いは難しいということなんでしょうなぁ…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。