吉野家の唐揚げ丼〜珍しくウチのつれあいが唸った逸品?

"つれあいの流行通信" カテゴリー記事
  

ニンニク臭がきつめながら食べるとそうでもないと言う

毎日鶏の唐揚げでもいい、というくせに我が家の自家製唐揚げ以外は専門店と称するトコロの唐揚げでさえ「そうでもない」と辛口コメントしか聞いたことのないウチのつれあいが「これは旨いよ、とうちゃん」と言った唐揚げが吉野家の唐揚げ。正確には唐揚げ丼弁当を家で食べたときの話でありますが、なにやら吉野家で唐揚げ丼(定食)やとんかつ定食を出している店舗をネットの書き込みでは「黒い吉野家」と呼んでいるみたいです。

南浦和〜川口の産業道路沿いにある吉野家で「唐揚げ丼」のノボリを見かけたのは3月頭頃で、牛丼があまり得意ではないつれいあいには丁度いいかも、と思いつつなかなか入り辛い交差点付近のため今日まで店舗に行けなかったシロモノ。

店舗は「吉野家カフェ」然としておりフリードリンクバー(150円)もあり、メニューも他店とはまるで違う。奇妙なのは吉野家公式ページの店舗検索でもこの店舗を差別化して検索することができない。実験店舗?


コメントを残す