扁平足の救世主〜ウチのつれあいの足元を支える凄い奴〜SUPERFEETインソール

"つれあいの流行通信" カテゴリー記事
  

扁平足なつれあいもお気に入りな作業靴ダンロップST302ですが…

今回の主役は中敷き「Superfeet」です。

扁平足の弊害

「扁平足で、足指のふんばる力が弱く、足裏のアーチが消失傾向にあると、体のバランスが極端に不安定になります。これを補おうと、足首や全身に余分な力を入れて歩くため、足首と全身の筋肉が発達してしまいます。更に、筋肉が疲労しないように脂肪を蓄えて、小太り寸胴体型になってしまうのです。(kahanshindiet.net)」

なるほど!ウチのつれあいのことを言ってる!と思えるほど的確な解説に思えますが、だからダイエットに励もうとか扁平足を治そうなどとは夢々思わないつれあいです。しかしながら仕事で疲れやすかったり体に負担が掛かってしまうのは勘弁してもらいたい、と今回はまじめに対策を研究してみました。

超扁平足なつれあいの場合、足裏が著しく不安定で転びやすいのはもちろん、かかと廻りの関節変形が大きくなっているせいか一日立ち仕事だとかかとの内側に激痛が走るほど。さらに足元が不安定で全身、とりわけ足に余分な緊張を常に強いている上、肩こりが激しい→筋膜固着し易い体質なため疲れやすいし足が棒のように固まってしまう、という全く”大損”な体と言わざるを得ません。(肩こり知らずで激しい運動後も筋肉痛になりにくい体質のジブンからすれば、全く理不尽な体に思えます)

フットケアは中敷きから〜目からウロコな効果

100円ショップの中敷きから「衝撃吸収ジェル入り」「扁平足矯正」「足つぼ」スポーツシューズの高機能を謳う高価なインソールまで数十種を試して来て、納得出来る程の効果は実感できないで来ましたから中敷き自体に扁平足対策を期待出来なくなっていましたが、とにかく足裏が痛いのだからなんとか軽減出来る中敷き探しに終わりは来ないワケで…. ネットで目に止まったのが

https://www.superfeet-jp.com/

↑上記2種が扁平足向けの定番、ベリーの方がよりタイトで高反発なシューズ用らしい

アメリカの足病医学ドクターによって開発された、足骨格への矯正力を持つ唯一のインソール」とひと通りの解説を読んで直感的には”これはいけるかも”な感触ではあるのですが、数多い製品の種類から果たしてウチのつれあいにフィットするモノはどれなのか、の選択指南がありません。よくよく読み解くとどうやらSUPERfeet製品を扱う専門フットケア店に相談するのがイチバンらしい….ということで、近隣のお店を探して訪問したのが

Melty 浦和店

全身ケアはカイロプラクティックスさんに定期的なメンテナンスをお願いしていますが、今回は足専門のメンテナンス(フットケア)を兼ねて中敷き:SUPERfeetのフィッティングをお願いしました。

不安定な扁平足の弊害で余分なチカラを常にかけ続けられるふくらはぎはガチガチで、今回フットケアしたヒトも驚くほど。マッサージというより筋膜剥がしのきつめのストレッチ40分、これが効果てきめん「柔らかプルンとしたジブンのふくらはぎ初めて見た!」とウチのつれあいが言うほどでした。仕事の作業中、扁平足による不安定を解消するため作業靴とのフィッティングも勘案して選択されたのがSUPERfeet BLACK

SUPERfeetの製品のなかでもサポート力が小さな部類のインソールらしいのですが…

ウチのつれあい曰く「立っててグラグラしない!」

というフツーの足裏なジブンには想像し得ない驚きらしいです。そして翌日の仕事終わりからは、思いのほか足が軽いと上機嫌なつれあいです。整骨院のテーピング、市販扁平足矯正グッズをいろいろ試しても効果がないか、ただただ足裏が痛いだけという繰り返していましたから、正直こんな薄っぺらなインソールにどんなマジックがあるのか信じられないくらいです。

程度にもよるとは思うのですが、今回の一件で「扁平足」は相当に無駄な負担をつれあいに強いていたのだな、と思い知ったジブンです。


コメントを残す