つれあいが孤高のオフローダー新型ジムニー・シエラに試乗してみた

"つれあいの流行通信" カテゴリー記事
  

「我が家は興味津津です」と結んだ新型ジムニー・シエラ待望記事を投稿したのが2月、予想どおり期待を裏切らない出で立ちで登場した新型ジムニー・シエラ、「角ばったクルマが大好き」なウチのつれあいが遅ればせながら試乗に出掛けました。

シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ
つれあい好みのボディーカラー

機能的な空間設計でドラポジOK!

我が家の旧型カングーに比べて絶対的な室内空間が小さいジムニー・シエラですが、車高が高くドラポジ目線も高めで、立ち上がったAピラーとウィンドウ側面にそこそこ大きめの頭上空間のせいか、視覚的には”軽自動車に乗ってる”感は薄いです。

また歴代ジムニー・シエラ同様足元空間がゆったり作られていて、助手席は足の組み換えも楽だし、足元にぶつかるトコロもなくフラット、席をぎりぎり迄前に詰めても折りたたんだ膝がフロントダッシュボードにぶつからない設計、そんなもんで”とても窮屈”には感じません。車幅こそカングーや3ナンバー車とは比べようもありませんが、コテコテ凸凹ラウンドデザインされた下手なSUVの車内より居心地良いくらいです。

身長158cm、決して長くはない足のつれあいが、好みのドライビングポジションを作れるかというのがイチバンの課題ですが…らくらく一発OK!ちなみにマツダ車ではSUVでも全くつれあいの好みのドラポジは作れません。

シエラに試乗、案外前向きなつれあい

カングーとほぼ同じ排気量のシエラAT車につれあいが試乗してみることになりました。

「エンジンブレーキが効かない」だとか「フットブレーキが甘い」だとか文句はそこそこ出るものの「カングーと同じでアクセル踏んでビュンと飛び出さない」と肯定的?な意見も… 交差点でハンドルの取り回しで肘をガンガンドアにぶつけて「やっぱり狭いなぁ」とか言っておりましたが、まぁそれは慣れの問題とも言えます。

短い試乗で散々な印象にも聞こえそうですが、案外につれあいの評価は前向きです。「ステアリングの変な遊びないし」「四隅の見切りはいいみたい」「通勤、買い物なんか街乗りだったら全然OK!」

確かに70km/hあたりまでの街中走行では旧モデルより車内は極めておだやかで、とりたてて気になるゴツゴツ感や騒音を経験することはありません。
高速走行時の安定性は向上しているらしいですが、それなりの覚悟と割り切りがいるんだろうなぁ、とは想像します。

ジムニー・シエラはSUVではなくて生粋のオフローダーなのだから…

とは言いながら予想外に充実した予防安全機能を搭載してるのに関心します。
さすが最新の国産車です。

「標識認識機能でいちいち標識のインフォメーションが表示されるのが鬱陶しい」とつれあいは言っておりましたが(誤発進抑制機能を試したかったのですが…忘れました)

カングーから乗り換える可能性

X90に乗っていた頃は、林道や峠道のオフロードを尋ねて遠くまで足を伸ばしたモンです。つれあいも「コレだったらまた行けるね!」とか還暦ドライバーには少々酷な要望を能天気に口にするのであります。

冬の遠出で道を失うほど雪一面の豪雪に見舞われたことも。なにより4Lが使える本格4WDでしたから、気象情報に躊躇することがなかったですね…

カングーに乗ってからも細い山岳舗装路を抜けて走るのは苦にしていませんが、スタックが予想される道に分け入ったり天候が崩れる中をあえて突進する無謀さはほぼありません(性能に見合った判断とも言えますが…)

確かにつれあいが言ってるコトはあたってます。ジムニー・シエラを眺めているとジブンもワクワクするものを禁じえません。しかしながら高齢ドライバーとしての冷静な判断というのも求められたりしますし、ナマクラになった体に堪えるクルマを充てがうのはどうだろう、とか不安もあります。

ただ現行カングーには最新国産車のような予防安全機能はほとんど装備されていないワケで、快適だからと言って高齢ドライバーが昔のつもりで野放図にドライブして痛い目にあうということもあるやもしれません。

結局のところ、最終的な判断はこれからメインドライバーになるであろう(まぁ実際にそんな事態になるのは数年先のことではありますが…)ウチのつれあい次第だと思っています。なによりいろいろまだ試乗したいクルマもあるし…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。