夏向け新作、ウチのつれあいの機能性立体冷感マスク

"つれあいの流行通信" カテゴリー記事
  

昨日は30℃超えの陽射しが強い日曜日、早朝のウォーキング時でさえマスクをつけるのは息苦しく、まぁ公園で混み合うこともないさいたまですから朝はマスクなんかしてませんが、どこのお店に立ち寄ろうとエチケットとしてのマスクはMASTです。

そこでウチのつれあいが改良考案した夏向け新作マスクがこれです。

表地は浴衣しぼの立体型裁断で息苦しさを軽減、内側には”メッシュ冷感生地”を使って機能性大幅アップの新作です。

”冷感タオル生地”については実のところアイデア倒れではないかと思っておりましたら、思いの外呼気で”熱くならない”感じでGoodです。呼気で水分補給されて風が通ると冷感を発生させる…と考えれば理にかなっております。立体化したのでベトナムマスクほど肌に密着せず適度に空間があるのも息苦しさ軽減に貢献、効果は”驚くほど”とは言えないまでも通常マスクよりずっと具合が良くて、夏場の暑い日フツーのとどっち使うか尋ねられたら、必ずつれあいの立体冷感マスクを選びます。

created by Rinker
COOL CORE(クールコア)
¥1,870 (2020/09/25 20:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

日没の夕方、カエルさん大合唱を期待して田植えが終わった近所の田んぼにつれあいと出かけてみました。あちこちからケロケロ声は聞こえてきますが、まだ”大合唱”には及びません。

コメントを残す