WordPressアップデート失敗〜復旧までの備忘録

"WordPress" カテゴリー記事
  

久方ぶりにこのサイト(WordPress)のアップデートを思い立った。自動アップデートをキャンセルしてアップデート通知も表示しないようにしていたので、バージョン3.9.xのまま長いことFIXしておりましたが、さすがに不都合も発生しておりましたので最新版のバージョン4.7.3にアップデートです。

ただ心配なのは

  • バージョン3.9→4.7 こんなにバージョン飛ばしてで問題ないか?
  • このサイトテーマはバージョン2.6当時に作成したもの。いろいろ修正は加えているが、果たしてレイアウトは破綻しないだろうか?
  • 50個近いプラグインが全て最新バージョンに対応出来ているとは考えにくいので、動作に不具合は発生しないだろうか?

とりあえずBackWupでデータベースとwp-contentsフォルダをバックアップ、FTPでwp-contentsフォルダ以外のwordpress本体をバックアップ。自動アップデートのキャンセルを解除してから【アップデート】ボタンを押す….「あッ」

アップデート前にプラグインは全停止すること

久しぶりだったこともあり「アップデート前にプラグインは全停止」の一手間を忘れてしまった。マイナーアップデートでは問題を起こさないことの方が多いのだが…今回は

サイト真っ白攻撃

wp-config.phpに「define(‘WP_DEBUG’, true);」を追記してエラー表示を復活させると案の定プラグインとキャッシュにまつわるエラー。FTPでプラグインを空っぽにするとエラー表示は消えるが、アップデート作業途中でエラーが発生したのでPHPファイル自体が破損したり、消えていたりした。

バックアップからPHPファイルを置き換え、補填して元に戻してやるとほどなく復旧。データベース自体に破損は無かったようでやれやれです。

今度はキャッシュ関連を消去した上でプラグインを全て停止してから【アップデート】ボタンを押す….あっけなくアップデート完了。プラグインもアップデートしてから有効化してみると…幾つか問題も発生。しかしながら古いサイトテーマのレイアウトをぶっ壊すこともなくちゃんと表示されています。

ただ WP Fastest Cache がちゃんと働き出すまではサイト・ページ表示が恐ろしくノロイので訪問いただく方には少々ご迷惑をおかけします。それからスマホで訪問されている方には WPtouchの対応バージョンも大きく変わったおかげでそれなりの対策と追加設定が必要になり、スマホでのサイト表示が復旧するまでけっこう時間が掛かってしまいご迷惑をお掛けしました。

Google Analyticsによれば 訪問者の直帰率が 75% という見たこともない数字だったのでそれはもう言わずもがなな状況だったと…

コメントを残す