Wordbooker〜facebookページとは常時連携、パーソナルfacebookには載せたいときだけ〜ができるWordPressプラグインの紹介

"WordPress" カテゴリー記事
  

WordPressの記事をfacebokに連携させるプラグインも随分と増えてきました。facebookアプリだけで連携することも出来たりしますが、融通が利かないコトも多いのでやはりプラグインで、ということになります。
ブログ記事を常時facebookと連携させるのは割とカンタンなのですが、記事ごとにfacebookに反映させるかどうか判断したり、facebookページにだけ反映させたい、とか XXXのfacebookページに反映させるけどXYZのfacebookページには載せない、なんてことを始めるのはなかなか難しかったり面倒だったりします。

「Wordbooker」はそんな面倒な希望をある程度叶えてくれるプラグインです。ただ山ほどあるオプションパラメータを設定したり、バージョンアップ毎にパラメータの仕様が変わってくるのが”難儀だなぁ”と思ってしまうのですが。

あいかわらずこのブログでは細かいことは説明しません。(笑)
「Wordbooker」は、Facebook Connectでの認証を受けて利用するタイプのプラグインです。設定画面のオプションパラメータに関しては、丁寧な説明をされている方のサイトを読んでいただくとして、「Wordbooker」の特徴として各記事やページ毎に「Wordbooker Option」パネルが表示されるようになります。そのパネル操作で各記事やページを、どのfacebook(ページ)にフィードするか選択できるようになっています。

-このブログの新規投稿記事での設定画面-

この記事をfacebookにフィードする( Publish this post to Facebook)ただしパーソナルfacebookのウォールにはフィードせず、カングーとさんちゃんとつれあいとのfacebookページにはフィードする

フツウに記事を公開する場合は常時「カングーとさんちゃんとつれあいとのfacebookページ」にだけ記事がフィードされます。Personal Wall下のボックスにチェックを入れて公開するとパーソナルfacebookのウォールにもフィードされます。チェックを忘れて公開してしまったときや、その他のfacebookページにもフィードしたいときは再設定して記事を更新してやればフィードされます。

この「Wordbooker Option」パネルの設定やフィードの仕様設定をしてやるのが、プラグインの設定画面(オプションパラメータ)というわけです。

-このブログでの設定画面-

原則として「記事はフィードするけど、ページはフィードしない」にしています。

-このブログでの設定画面-

デフォルトではブログの簡略説明(副題)も併せてフィードされてしまうので、ジャマなヒトは「Use Site URL not Blog Description in Wall Posts」にチェックを入れておくと省略されます。

各記事編集ページで表示される「Wordbooker Option」パネルのデフォルト設定になります。

どうせならTwitterや他のSNS向けの設定も出来れば…とか思いません。これ以上パラメータが増えるとかなーり醜い設定画面になっちゃいます。