Macintoshがやってきた!

"cmp-2" カテゴリー記事
  

1983年、コロムビアマグネプロダクツ(株)でのフロッピーディスク開発は、業務用オフコンに繋がれ始めた外部記憶装置の8インチからスタートしました。

その後、IBMが5.25インチ(2MB、256フォーマット)を規格化するとオフィスユース向けに需要が高まり、会社でも市販ディスクの調査、研究のため、5.25インチFDDをコントロールできる手頃な機種としてAppleII を導入しました。(実際には社員の私物を急遽会社が買い取ったんですが)

Macintosh has come

やがて1985年、フロッピーディスクはソニー規格の3.5インチ、松下/日立規格の3インチに分かれて次世代・普及型の規格を争うようになりました。

「そりゃどんなもんだい?」ということで3.5インチFDDを搭載したパソコン(Maintosh128K とSONY SMX777)を調査用に買い込むことになり職場にMacがやってきました。

大学時代も割と予算が豊富な研究室が多く、NECのPC-8000、PC-9800やシャープのMZ系、富士通のFM-7が置かれて「電算機」として触っていましたが、Macintoshは目を見はるべき「おもちゃ箱」に映ったものです。

 

HyperCard にパソコンの未来を見た

そもそも当時ボーナスを全部つぎ込んでも足りない程の価格だったパソコンを購入する人は、時代の先端の物珍しさに手を伸ばしてみたいと思った人か、よっぽどのオタク系の人間に限られていました。

なにしろ業務用ソフトにしろ、ゲームにしろ限られた機種に偏って作成されたものしかなく、独力でプログラムできる範囲は技術計算くらいだし、やっとNIFTYがパソコン通信をモデムを介して始めたことが救いだったような時代です。まともに「楽しめる」代物とはいいがたかったのです。

そこにMacintoshです。「マウスで絵が描ける」ことの驚きはもはや追体験できないであろう程だったし、Macintoshがパソコンの未来をこじ開けたとも言えるほどのインパクトがありました、

そして自分にとって未来をたぐり寄せたと感じられたのはなんと言ってもHyperCard。「これこそ自分が待ち望んだアプリケーションだ!」と直感したものです。その後のやんちゃぶりは「ハイパーテキスト1」「ハイパーテキスト2」の記事として書いています。