Macで使えるWHSプリントサーバーのセットアップ

友人のデザイン事務所にも無理無理買わせた HP MediaSmart Server EX490 のおかげで、毎日問い合わせのお電話があります。「デザイナーにはWindowsは解らない」はとっくに通用しない世の中なのですが、年配の同胞にはよくある言い訳です。(もっともその事務所の若手もお手上げなのだと言うのだけど)今度は「EX490はプリントサーバーには使えないの?」でした。...そうですねぇOSXサーバーだとそんなことできてるねぇ...
EX490のWHS仕様のなかには確かにプリントサーバー機能は載ってませんが、共有フォルダ・ウィンドウに「プリンタ・FAXの追加」アイコンはありますねぇ...できるんじゃない?、でやってみました。


ウチの汎用印刷に使っているブラザー:FAX-2810複合プリンタ(USB接続)を使って実験してみました。

■WHS用にプリンタドライバをダウンロードする

一般にWHS用のプリンタドライバというのは無いのですが、多くの場合WindowsXP用のドライバが代用できます。

■WHSの共有フォルダにプリンタドライバをコピーする
ダウンロードしたWindousXP用のドライバ(EXE)を解凍して一つのフォルダにまとめて、WHSの共有フォルダ(今回はソフトウェアフォルダ)にコピーします。ここまではMacでも作業できますが、以降はWindowsのリモートデスクトップ接続でWHSにダイブする必要があります。

■WHSにリモートデスクトップ接続して「プリンタ・FAXの追加」を実行する
今回はWindowsXPクライアントからリモートデスクトップ接続して作業しました。 【メニュー】>通信>リモート接続で接続先に、EX490(WHS)に設定しているDNSサーバーアドレスを入力、ユーザー名:Administrator 権限で接続します。 ※WHSのリモートユーザー権限では接続できないので注意ください。
WHSのデスクトップ画面に切り替わったら「共有フォルダ」を開き、「プリンタ・FAXの追加」アイコンをダブルクリックして起動します。

 

「プリンタの追加ウィザード」開始

・「このコンピュータに接続されているローカルプリンタ」を選択し「プラグアンドプレイ対応」チェックを外して「次へ」
・「プリンタ ポートの選択」画面では USBポート(Virtual printer port for USB)を指定し「次へ」

・ドライバ選択画面で「ディスク使用」を指定して「参照」をクリック、共有フォルダにコピーしておいたフォルダ内にあるINF書類※注 を指定、機種選択から該当プリンタ機種を選択して「次へ」

※INF書類はインストール時のコンポーネンツに関するシステム定義が書かれたもので、INFとか.infとかになっていることが多いですが、中身はテキストなのでメモ帳書類のままだったりもします。ブラザーのもaddとかになってました。

・プリンタ名が正しければ「次へ」
・ネットワークのPCに表示されるWHSの共有プリンタ名を入力して「次へ」
・「場所」「コメント」を入力して「次へ」
・テストページを印刷(またはスキップ)して「次へ」
・ウィザード完了直前に適合機種でない旨の警告が表示されますがそのまま「続行」をクリック。

「プリンタとFAX」に接続アクティブの該当プリンタが表示されていればOKです。ログオフしてリモートデスクトップ画面を終了します。

■Windowsクライアントから共有プリンタを使う

クライアントWindowsの「共有フォルダ」を開くとインストールした該当プリンタアイコンが表示されているはずです(ネット接続を表すパイプ付き)。このプリンタアイコンを選択して右クリック「接続」を実行すると「プリンタとFAX」に新しく該当プリンタが追加されます。(クライアント側の設定はすごく簡単です)

■Macクライアントから共有プリンタを使う
こういうのに不慣れな友人用にMac側の設定はもう少し丁寧に書きます(笑)
・「システム環境設定」の「プリンタとファクス」を開きます

・プリンタを追加するのに(+)ボタンをクリック。「プリンタの追加」ウインドウ右上の「Windows」をクリックして、Workgroup>homeserver>FAX-2810(共有プリンタ)を選択します。表示する名前を入力し、ドライバ欄で「プリンタソフトウェアを選択」を指定します。

・OSインストール時に収録したプリンタドライバ一覧「プリンタソフトウェア」から該当プリンタを選択してOKをクリックします

 ・該当プリンタが「待機中」で追加されていればOKです(プリントキューに追加されるまで少し時間がかかる場合があります)


 

同様にiPhoneからもWHSに接続して直接印刷できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です